Home>キャンパスライフ>新着情報一覧>チームとして課題の残る試合に~女子ソフトボール部が西日本大学女子ソフトボール選手権大会に出場~

キャンパスライフ

Campus Life

チームとして課題の残る試合に~女子ソフトボール部が西日本大学女子ソフトボール選手権大会に出場~

2018年08月22日学生活動女子ソフトボール部

8月3日(金曜)~5日(日曜)の3日間、徳島市民吉野川北岸運動広場ソフトボール場で「第50回西日本大学女子ソフトボール選手権大会」が開催されました。

本学女子ソフトボール部が登場したのは、4日(土曜)。本学も出場する今年度のインカレに近畿地区代表として出場する大阪大谷大学(大阪府富田林市)と対戦しました。

 

結果は下記のとおりです。

会場:徳島市民吉野川北岸運動広場ソフトボール場(徳島県徳島市)

 

  • 試合結果

大阪大谷大学4-0美作大学
  1 2 3 4 5 6 7
大阪大谷大学 2 1 0 1 0 0 0 4
美作大学 0 0 0 0 0 0 0 0

 

  • 部員のコメント

今回、守備では「相手を無失点に抑えること」、攻撃では「打線のつながりを意識して、チャンスを作っていくこと」を目標に臨みました。

試合を通して、相手チームの変化球のあるピッチャーに対して仕留めきることができず、野手のエラーもあり、力を発揮することができませんでした。

選手個人としてもチームとしても課題がたくさん残る試合となりました。厳しいボールやボール球を打たされることがまだまだあったため、もっと狙い球を明確に絞っていかないといけないと思います。進塁打の成功率は上がってきています。

インカレで必ず結果が残せるように練習に取り組んでいきます。

たくさんの応援ありがとうございました。 

学生活動カテゴリー

新着情報一覧