入試情報

Admissions

大学院入試概要

募集人員

修士課程

研究科・専攻 専門分野 募集人員
生活科学研究科 生活科学専攻
  • 食健康科学・機能食材開発分野
  • 栄養管理実践分野
3名
人間発達学研究科 人間発達学専攻
  • 発達支援分野
  • 学校・教育課程開発分野
5名

出願資格(推薦選考及び一般選考)

次の各号のいずれかに該当する人

  1. 大学を卒業した人、または平成30年3月卒業見込みの人
  2. (独)大学評価・学位授与機構より学士の学位を授与された人、または平成30年3月31日までに授与される見込みの人
  3. 外国において、学校教育における16年の課程を修了した人、または平成30年3月31日までに修了見込みの人
  4. 文部科学大臣の指定した人
  5. 本大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した人と同等以上の学力があると認めた人で、平成30年4月1日現在において満22歳以上の人

個別の入学資格審査は、希望する専門分野の自ら関心のあるテーマについて、2500字程度の論文(様式自由)を本学に提出することとし、その論文を審査することにより、受験資格の有無を判定します。
なお、管理栄養士の資格の取得者に対しては、個別審査を免除することがあります。
5に該当する人は、受験希望の試験期(日)の1ヶ月半前までには、本学入試係まで相談下さい。

入試日程、選考の種類及び期別の募集人員

  • 選考は、9月期・1月期及び2月期の3回実施します。
  • いずれの期においても、推薦選考・一般選考・社会人特別選考及び外国人留学生選考の4選考を行います。

1.入試日程及び手続

選考期 試験日 出願期間 合格発表日 一次手続締切日
9月期 平成29年9月2日(土曜) 8月18日(金曜)~8月29日(火曜) 9月5日(火曜) 9月12日(火曜)
1月期 平成30年1月21日(日曜) 1月5日(金曜)~1月15日(月曜) 1月24日(水曜) 1月31日(水曜)
2月期 平成30年2月18日(日曜) 2月2日(金曜)~2月13日(火曜) 2月21日(水曜) 3月2日(金曜)

2.選考期別募集人員

研究科・専攻 9月期 1月期 2月期
生活科学研究科 生活科学専攻 1名 1名 1名
人間発達学研究科 人間発達学専攻 2名 2名 1名

出願書類(推薦選考及び一般選考)

  1. 志願票・受験票・入学検定料振込証明書
  2. 卒業(見込)証明書、なお上記の出願資格の2あるいは4に該当する人は、それを証明する書類、出願資格の5に該当する人は、最終学歴を証明する書類(いずれも厳封)
  3. 成績(単位修得)証明書、なお、出願資格の5に該当する人は、最終学歴の成績証明書(いずれも厳封)
  4. 志望理由・研究計画書
    推薦選考受験者は1000字以上2000字以内。一般選考受験者は提出不要。
    【備考】志望理由・入学後の研究テーマ・計画・方法・意義などについてまとめたもの。なお、卒業論文がある場合は、できるだけ卒業論文のテーマ・内容を踏まえて、入学後の研究テーマについて書いて下さい。また、「志望理由・研究計画書」の様式については、下記の備考をご参照ください。
  5. 推薦選考は、推薦選考ページの「出願書類」項目に記載されている書類、社会人特別選考は社会人特別選考の「出願書類」項目に記載されている書類も必要になります。また、外国人留学生選考は、外国人留学生選考ページの「出願書類」項目に記載されている書類も参照して下さい。

備考:志望理由・研究計画書の様式

  • A4サイズの用紙
  • 横書き
  • 1行の字数は40字
  • 1ページの行数は30行(ワープロでの記述可)

上段5行(受験者名から予定指導教員名まで)は直筆で書いて下さい。

図表:「志望理由・研究計画書」は、上から受験者名、最終出身(在学学校名)、修士課程名、希望する専門分野名、予定指導教員名を記載すること

入学検定料

30,000円
本学所定の入学検定料振込用紙に必要事項を記入して、金融機関で納付後「入学検定料振込証明書(C)」を志願票の所定欄に貼付して下さい。

希望する指導教員との面談

受験者は出願前に希望する指導教員と面談し、双方が了解した上で予定指導教員を決定します。出願の際には、志願票及び志望理由・研究計画書の所定の欄に予定指導教員名を記載して下さい。

備考

美作大学大学院募集要項及び生活科学専攻ページの「教員の紹介」項目、人間発達学専攻ページの「教員の紹介」項目を参考に、希望する指導教員との面談を行って下さい。
なお、面談の日時等については、本学の学生募集広報室(電話:0868-22-5570、E-mail:kouhou@mimasaka.ac.jp)に連絡し、日程調整を行って下さい。

出願書類の取り寄せと提出について

手元にない場合

本学の学生募集広報室(電話:0868-22-5570、FAX:0868-23-6936、E-mail:kouhou@mimasaka.ac.jp)により「大学院案内・募集要項」を取り寄せて下さい。
出願締切日が差し迫っている場合、下記のPDFをプリントアウトしたものを使い出願することができます。

  • PDFは現在準備中です

本学へ持参の場合

  • 受付時間は平日の午前9時~午後5時です。土曜・日曜は受け付けません。
  • 入学検定料は理由の如何にかかわらず返還しません。
  • 受験票に切手を貼って下さい。
  • 受験票が試験日の前々日までに届かない場合、本学入試係(電話:0868-22-7718)まで連絡下さい。

個人情報の取り扱いについて

出願書類等に記載された個人情報は、

  1. 入学試験の実施
  2. 合否結果の通知等、入学手続、奨学金等の制度の運用
  3. 入学者の受入準備
  4. 入試の改善や志願動向等の調査

に使用し、それ以外の目的では使用しません。
美作大学大学院は、個人情報は細心の注意を払って取り扱われるべきデータと考え、個人情報保護に関する規程を設け、その収集・保存・利用については厳重な管理の下に運用しています。

入学金、学費及び入学時の学費等

明細 入学手続時納付金 第1年次前・後期各納付金 備考
入学金 250,000円 なし 一次手続完了日までに納付
授業料 なし 350,000円 なし
施設設備費 なし 50,000円 なし

備考

  • 上記金額には学外実習に必要な費用は含まれていません。別途徴収します。
  • 上記の金額は平成29年度の実績であり、平成30年度は変更することがあります。

入学時における授業料等学費の納付について

1.学費(授業料及び施設設備費)

学費は、1年を前期と後期に分けて納入します。入学時においては、下記の日程で前期分を前納(二次手続)するものとします。
なお、手続の案内は平成30年3月2日に発送します。
前期分授業料等学費の納付期限は、平成30年3月2日(金曜)~同年3月16日(金曜)です。

2.既納の学費の返還について

  • 既納の入学金については、理由の如何にかかわらず返還しません。
  • 二次手続で納入の学費については、平成30年3月31日(必着)までに「入学辞退届」を送ってきた人には、本学の入学式後速やかに返還することとします。
    「入学辞退届」の様式は自由ですが、受験生本人の署名捺印、本学を受験した時の受験番号及び振込先口座番号・名義は必ず書いて下さい。また、本人であることの確認の必要上、前期分学費を振り込んだ際の領収書を同封下さい。

障がい等のある入学志願者の事前相談について

障がい等(視覚障害、聴覚障害、肢体不自由、病弱、怪我等)があって、受験上及び修学上特別な配慮を希望する入学志願者は、出願に先立ち、下記事項を記載した申請書(様式は任意)に医師の診断書(写しでも可)を添え、本学学生募集広報室と相談をしてください。その結果、必要な場合は、本学において入学志願者又は出身校関係者等の面接を行います。

  1. 氏名・性別・生年月日・住所・電話番号・出身校名
  2. 志望の学部・学科(コース)・受験する入試区分
  3. 障がい等の種類・程度
  4. 受験の際に特別な配慮を希望する事項
  5. 修学の際に特別な配慮を希望する事項
  6. 出身校等でとられていた措置(担任教諭の所見のあるもの)
  7. 日常生活の状況
  8. その他参考となる事項

相談する際に参考となる書類があれば、併せて提出してください。
例:身体障害者手帳の写しなど

1.相談の期限

各出願期間初日の2週間前まで(土曜・日曜・祝日等の大学休業日を除く。)
ただし、期限後であっても受験及び修学の際に特別な配慮が必要とされる場合は、必ず下記に連絡をして下さい。

2.連絡先

美作大学 学生募集広報室
〒708-8511 岡山県津山市北園町50
電話:0868-22-5570

美作学園特別奨学生(特待生)について

最終学歴の大学等での成績が優秀で、出願時に、所属学科長・研究科長等の「特別奨学生推薦書」(様式は自由)を添えて、特別奨学生採用の希望を申し出た人については、審査の上、成績によってはそれぞれ若干名を特別奨学生として採用します(なお、志願票の右肩に特待生希望と朱書して下さい)。
採用の可否については、合格発表日に、本人宛に郵送にて通知します。特待生には入学後、入学金の全額と、授業料の半額に相当する奨学金が給付されます。

奨学金について

大学院学生のための代表的な奨学金制度は日本学生支援機構の奨学金制度で、その他に地方自治体、民間育英団体の奨学金制度があります。
日本学生支援機構の大学院生を対象とした奨学金の平成28年度の額は次の通りです。

  • 第一種奨学金
    貸与月額:5万円、88,000円
  • 第二種奨学金
    貸与月額:5万円、8万円、10万円、13万円、15万円の中から自由に選択できます。

交通・宿泊案内

交通案内

  • 津山駅よりタクシーにて約10分
  • 津山広域バスセンターより「スポーツセンター」行き、または「東一宮車庫」行きのバスで乗車約15分、「美作大学前」下車、徒歩約5分
  • 中国自動車道:津山IC、院庄ICより車でそれぞれ約20分

受験時の宿泊案内

本学では、下記のホテル、旅館と提携し、受験される方のために、「特別割引料金」で宿泊していただけるようにしています。ご利用の場合は、ホテル、旅館へ直接申し込みいただき、その際、必ず「美作大学受験生」とお伝え下さい。

本学受験生が特別割引料金で利用できる津山市内のホテル、旅館
  1. ホテルアルファーワン津山
  2. 津山鶴山ホテル
  3. 津山国際ホテル
  4. 津山セントラルホテルアネックス
  5. 津山セントラルホテルタウンハウス
宿泊施設の地図