Home>学部・大学院>福祉の分野について>社会福祉学科>学科トピックス>美作大学・誕生寺支援学校 交流会を行いました。(11/24)

福祉の分野

社会福祉学科

[社会福祉士養成課程]

美作大学・誕生寺支援学校 交流会を行いました。(11/24)

2011年11月25日社会福祉学科

美作大学・誕生寺支援学校 交流会


11月24日(木)10時20分〜14時、本学で「美作大学と岡山県立誕生寺支援学校の交流会」が行われました。
この交流会は、誕生寺支援学校肢体不自由部門高等部の生徒のみなさんが美作大学を訪れ、大学の雰囲気を味わいながら、学生と交流を深めるものです。

今回は、本学福祉のまちづくり学科3年生を中心とした13名の学生、誕生寺支援学校の5名の生徒さんが交流会へ参加しました。

当日はとても寒い一日でしたが、誕生寺支援学校の生徒さんはスクールバスで元気に来校。
福祉のまちづくり学科の学生たちがお出迎えし、交流会のスタートです。

交流会


交流会の写真午前中はお互いの学校のことを知る時間です。

自己紹介をした後は、福祉のまちづくり学科3年 薬師寺ゼミの学生による“美作大学の紹介”を行いました。

大学の特徴やどのような勉強をしているか、部・サークル活動はどのようなものがあるか、学生のライフスタイル、主な学校イベント等について紹介しました。

交流会の写真次は誕生寺支援学校の生徒さんによる“誕生寺支援学校の紹介”です。

クラスのスローガンや1日の生活、校外での現場実習や楽しかった修学旅行、運動会、たくさんの手作り作品を展示した「みんなの作品展」、高校生との交流会、そして、今回の本学との交流会をとても楽しみにしていたことを、たくさんの写真を使って紹介してくれました。

交流会の写真学校紹介の後は、生徒さんが10月の運動会で踊ったダンスを披露。
本学の学生も生徒さんに習って一緒に踊りました。

その後、お互いに質疑応答をし、お昼休憩です。
学生と生徒さんが一緒に、本学の食堂でお昼ご飯をいただきました。

午後はレクリエーションで交流を深めました。


福祉のまちづくり学科の学生は、施設実習や10月に行われた「重症心身障がい児・者と家族とのボランティア交流会」等、障がいのある方と触れ合う機会が多くあり、レクリエーションを通じて交流をはかるのが得意です。
午後からは多目的ホールに移動し、レクリエーションで交流を深めました。

【魚釣り】
交流会の写真交流会のスペシャルゲストとして、南極から“白くまさん”がやって来ました。
とてもお腹を空かせている白くまさんのために、魚を釣って食べさせてあげてください。

そんな白くまさんのために、生徒さんは代わる代わるたくさんの魚を釣ってくれました。

交流会の写真お腹がいっぱいになった白くまさんは、お礼に“マル・マル・モリ・モリ”を白くま語で(!?)歌って踊り、喜びを表しました。


【ボーリング】
交流会の写真次もスペシャルゲストの“サンタさん”の登場です。
ここには何も飾りがついていないクリスマスツリーがあります。
ボーリングでピンを倒して、そのピンに描かれている飾りをツリーに飾ってください。

早速生徒さんがボーリングにチャレンジ。

交流会の写真一度にたくさんのピンを倒す生徒さんもいて、ツリーはたくさんの飾り付けがされました。

交流会の写真きれいになったツリーのお礼に、サンタさんから生徒さん一人一人に「メリークリスマス☆彡」という言葉とともに、ちょっと早めのクリスマスプレゼントが贈られました。

交流会の写真最後に全員で「あかはなのトナカイ」を歌い、記念撮影をして閉会。
学生も生徒さんもとても楽しい時間を過ごすことができました。

午前中はお互い少し緊張気味でしたが、次第に打ち解け、午後からは積極的にレクリエーションに参加している様子も見られました。
また、支援学校の先生からは「今度ぜひ支援学校へ来てほしい」とのお声をいただきました。

交流会の写真たとえ障がいがあってもいきいきとした暮らしができるよう、支援・実現できる専門職をめざす学生たちにとって、今回の支援学校の生徒さんとの交流会はとても貴重な体験です。
学生は、支援学校の生徒さんと触れ合えたこと、そして、生徒さんの『楽しかった』という言葉が何よりも嬉しかったようです。

誕生寺支援学校のみなさん、またお会いしましょう!!
よいクリスマスを迎えてくださいね☆


:-)

学科カテゴリー

学科トピックス一覧