本文へスキップ
ここから本文です。

Home>学部・大学院>福祉の分野について>社会福祉学科>学科トピックス>社会福祉学科「上山コミュニティワーク実践研究会(武田教授顧問)」が上山集落での地域活動に参加

学科トピックス

社会福祉学科「上山コミュニティワーク実践研究会(武田教授顧問)」が上山集落での地域活動に参加

2022年06月07日 社会福祉学科

5月22日(日)、大学社会福祉学科の自主ゼミサークル「上山コミュニティワーク実践研究会(武田教授顧問)」が上山集落での地域活動に参加しました。

 

活動の様子

 

今年度初めての活動は4年生3名と3年生8名が参加し、現地には法政大学や立命館大学の学生たちとの交流もありました。午前中は、集落全員で行われる水路掃除に参加し、その後は法政大学学生とともにグループワークを行い、学生同士の親睦も図れました。

今後は現地のコーディネートを担ってくれている水柿大地さんを大学に招いての勉強会を実施し、年間を通して上山を訪問し、地域おこし・地域創生について実践的に学んでいきます。

 

活動の様子    活動の様子

 

  • 学生のコメント

地域の人たちの温かみに触れてコミュニティの大切さが実感できた。活動中も地域の人たちが絶えず話しかけてくれて楽しい時間でした。

社会福祉学科3年 赤堀七虹さん(岡山県美作高校出身)

 

今回初めての上山でしたが地域の人たちがとてもアットホームで仲がいいと感じました。この関係性は日ごろから地域一丸となって水路掃除や田植えなどを行っている結果なんだということが理解できました。

社会福祉学科3年 盛永蓮さん(鳥取県米子北高校出身)

 

おいしいお米が作られる背景にはいろんな苦労が積み重ねられていることを実体験から知ることができました。次回の活動が楽しみです。

社会福祉学科3年 戸田日向さん(高知県須崎総合高校出身)

 

今回初めて水路掃除などに参加して、初対面にもかかわらず、地域の人たちは優しく接してくれました。コミュニティの絆や温かみを実感できた体験でした。

社会福祉学科3年 北村紗弥さん(山口県野田学園出身)

 

活動の様子

学科カテゴリー

過去アーカイブ一覧