生活環境全体を捉えた支援が実践できる新時代の社会福祉士を育成する

生活者の立場や地域住民の視点から、いきいきとした暮らしの実現まで、しっかりと援助し実践していくことのできる、
新しい時代の社会福祉士の育成をめざします。

License & Certificate 免許・資格

取得できる資格

社会福祉学科では、社会福祉士資格の取得をめざします。社会福祉士国家試験のための受験対策は、本学独自のミマサカ方式の受験対策で、学生一人ひとり強力にバックアップします。

  • 社会福祉士
    国家試験受験資格
  • 各種福祉系任用資格
  • 高等学校教諭
    一種免許状(福祉)
  • レクリエーション・
    インストラクター資格

Job & Course 就職・進路

平成28年度卒業生実績 100

  • 官公庁・自治体
  • 医療機関・施設
  • 福祉施設
  • 社会福祉協議会
  • 地域包括支援センター

Educational Policy 教育方針

学科長からのメッセージ

社会福祉学科は、人の暮らしをしっかりと考え、支援していくことのできる社会福祉の専門職の養成をめざしています。そのためには、日頃の授業での学びを基本としながら、さまざまな福祉現場での研修や地域づくりへの参加など、大学外での豊富な経験の機会をつくっています。このような体験とゼミ活動での議論や研究活動を通して、豊かな人間性と高い知識、援助技術を持った専門職としての成長を支援していきます。また、小規模であることのメリットを活かして、少人数での学びの機会や自主ゼミ等のきめ細かな支援を積極的に行い、より大きな成長の実現を図っていきます。

社会福祉学科学科長 小坂田 稔 教授

写真:社会福祉学科学科長 小坂田稔

Training & Curriculum 実習・カリキュラム

写真:家庭福祉制度Ⅱの授業の様子

1年次児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度Ⅱ

日本では少子・高齢化が急速に進み、児童虐待問題を始めとして子どもたちを取り巻く環境は大きく変化してきています。こうした中、子どもたちが置かれている生活実態や問題について理解していくとともに、一人ひとりの子どもたちの生活が生き生きとしたものとなっていくために、現在取り組まれている児童・家庭福祉の施策について理解を深めていきます。

写真:現代社会と福祉Ⅰ・Ⅱの授業の様子

2年次現代社会と福祉Ⅰ・Ⅱ

社会福祉は私たちの生活にどう関係しているのか。また、社会福祉は私たちの生活にどのような形で届くのか。そもそも社会福祉とは何なのか。これらの問いに歴史、理論、哲学、制度設計などの視点からアプローチしていきます。身近な生活問題をテーマにグループディスカッションを取り入れていくことで、学問と実践を繋ぎ、社会福祉士としての専門的能力を高めていきます。

写真:障害者に対する支援と障害者自立支援制度の授業の様子

2年次障害者に対する支援と障害者自立支援制度

障がいのある人が障がいのない人より劣っているというわけではありません。しかし、障がいのある人がこの社会で障がいのない人と同じように生活できる状況ではありません。障がいのある人の状況を理解し、障がい者福祉や施策を学び、そして現状と課題について考えます。障がいのある人があたり前に暮らすこと、どんな人も豊かに暮らすことができる社会とは何かについて考えていきます。

写真:保健医療サービスの授業の様子

1年次保健医療サービス

超高齢社会の日本は、高騰する医療費に対し医療・福祉施策がめまぐるしく変化している状況です。しかし、どのような時代でも、病気になれば誰でも可能な限り適切な医療が受けられるよう保障されなければなりません。本科目では、病気とともに生きる患者の状況を理解し、保健医療領域での社会福祉の支援とは何かを考えていきます。また、保健医療サービスを支える制度や施設、他の専門職のほか、チームアプローチについて学んでいきます。

Teacher List 科目担当教員