Home>新着情報>お知らせ>県立誕生寺支援学校高等部の生徒さんが産業現場実習をしました。

新着情報

News

県立誕生寺支援学校高等部の生徒さんが産業現場実習をしました。

2019年10月15日お知らせ

10月7日(月曜)から10月11日(金曜)までの1週間、美作大学で岡山県立誕生寺支援学校高等部の生徒さんが実習を行いました。

これは、岡山県立誕生寺支援学校高等部が「生徒の自立と社会参加を可能にするための力を実践的・体験的に身につけさせたい」と「産業現場等における実習」として実施しているもので、毎年この時期に1週間程度実施されるもので、美作大学もその受け入れ事業所の一つとなっています。

 

窓ふきする実習生窓ふきする実習生

窓ふきする実習生窓ふきする実習生

 

今回の実習では高等部1年生の生徒さん3名が大学内の清掃や環境整備等の作業に取り組みました。また、お昼休みや休憩時間を利用して、社会福祉学科の学生たちとの交流もありました。

 

修了式の様子開校式の様子

 

終了式では、誕生寺支援学校の山岡格史校長がこの1週間の実習の成果を学校生活でも取り入れて、いろいろな事にチャレンジしていってほしいと話され、本学の長谷川勝一副学長からは人の為・自分の為にする仕事への挑戦をしてみて一回り大きくなられたと言われていました。生徒さんたちもこの実習で教えてもらったことを実生活に生かしていきたいと発表してくれました。