写真:中田 稔

教授中田 稔

学位・主な資格
大学士(社会学)
主な担当科目
  • 幼児の造形と表現遊び
  • 保育内容表現Ⅱ
  • 遊びと人間
略歴
  • 公立小学校教諭(昭和61年~平成16年・鳥取県)
  • 幼児教育学科長(平成21年~平成30年)
  • 美作大学附属幼稚園絵画造形教室講師(平成21年~)
  • 学長補佐(附属幼稚園連携担当)
研究テーマ 主に幼稚園、保育所での造形活動や小学校図画工作科での「造形遊び」を専門分野とし、遊びの連続性や発展性を大切にした保育のあり方や、材料をもとにした保育題材の開発について実践的に研究している。
教育の取り組み 保育士や幼稚園教諭の資質・能力の向上が求められる中、子どもに寄り添い、子どもの遊びや表現を共感的に受け止め、適切な援助ができる保育者となれるように、実践的な教育に取り組んでいる。特に子どもの表現活動の様子や、活動に適した材料や用具などを具体的にわかりやすく紹介し、学生自らが意欲的に学べるような授業展開に努めている。
研究業績、
研究活動など
  • 第32回教育美術賞(佐武賞)グループ受賞「感性を培う“みる”授業の実践」
  • グループ展出展「大久保英治と鳥取の現代美術作家展」(平成18・19年 大阪CASO)
  • 「新造形表現・実技編」(共著・三晃書房)
  • 「学級担任の図工授業 完ぺきガイド」(共著・明治図書)
  • 「造形表現・図画工作」(共著・建帛社)
  • 「幼児と児童の類似題材による造形活動について」(紀要57号)
  • 「幼児の造形活動における教材研究や教材開発の在り方」(紀要63号)
  • 「図画工作科における廃材利用の変遷」(紀要66号)
  • 「地域の資源を活用した玩具の制作と研究Ⅰ〜Ⅴ」(所報12号~16号)
  • 「地域の資源を活用したリラクゼーション玩具の制作と研究Ⅰ〜Ⅱ」(所報17号~18号)
社会的活動など
  • 幼稚園教諭・保育士等を対象とした講演、実技研修。
  • 鳥取県ジュニア美術展審査委員(平成15年~平成31年)
  • 木製玩具の共同開発研究(現代玩具博物館・オルゴール夢館)
  • 幼児造形koyasan集会運営委員(平成26年~)
学生や受験生への
メッセージ
子どもの頃、友達と砂遊びに夢中になったり、楽しくお絵かきをしたりした記憶はありませんか。保育者を目指す人のために、まず、子どもの目線で造形活動の楽しさを体感することを大切にしながら、実習や保育の現場で役立つ実践的で楽しく、ためになる授業を心がけています。また、保育者に求められるコミュニケーション能力を高めるために、グループでの制作活動なども多く取り入れています。授業を通して、子どもに寄り添い、子どもの表現に共感できる保育者を育てていきたいと思います。