写真:新谷 芳子

講師新谷 芳子

学位・主な資格

修士(社会福祉学) [日本福祉大学]

主な担当科目
  • 相談援助の理論と方法Ⅰ
  • 保健医療サービス論
  • 医療ソーシャルワーク論 他
略歴
平成13年4月 知的障害児通園施設 草笛学園 児童指導員
平成15年4月 医療法人社団清和会 笠岡第一病院
平成24年4月 公益財団法人エイズ予防財団エイズ対策研究推進事業リサーチ・レジデント
平成25年4月 日本福祉大学 社会福祉学部 非常勤講師(2014年2月28日まで)
平成26年4月 井原市立井原市民病院
平成27年4月 美作大学 (現在に至る)
 
研究テーマ
  • 相談援助の理論と方法Ⅰ
  • 保健医療サービス論
  • 医療ソーシャルワーク論 他
教育の取り組み 学生がイメージしやすいよう現場での実践事例などを紹介しながら、主体的に考えられるようにしています。
研究業績、
研究活動など
  • 孤立するターミナル期要支援者に対するソーシャル・サポート・ネットワークの構築に関する研究(論文)
  • 孤立するターミナル期要支援者へのソーシャル・サポート・ネットワークに関する研究(論文)
  • HIV感染者の生活支援における地域連携の構築に関する研究活動(学会発表)
社会的活動など
  • 真庭市高齢者保健福祉・介護保険運営協議会委員
  • 真庭市地域包括支援センター運営協議会委員
  • 津山市防災会議委員
  • 津山市在宅医療・介護連携推進事業協議会委員 等
学生や受験生への
メッセージ
保健医療領域で福祉職は希少です。その中でクライエントの側にたって支援していくことは大変ですが、とても重要な役割を持ちます。授業を通して、支援者側からの見方だけでなくクライエントに生じている問題の見方や解決方法を身につけてもらいたいと思います。そして、現場に出られてから、ソーシャルワーカーとしての視点がぶれない支援者になってもらいたいです。