写真:渡邊 義雄

教授渡邊 義雄

学位・主な資格

学術修士

主な担当科目
  • 心理統計法
  • 社会心理学
  • 心理学基礎実験
  • 情報リテラシー
略歴
昭和61年4月 美作女子大学講師
平成元年4月 美作女子大学助教授
平成11年4月 美作女子大学教授(現在に至る)
研究テーマ 動物行動の研究を通して、個体の適応度を高める行動の機能について明らかにし、行動の生物学的基礎について研究している。また、社会的環境における人間の行動とその心理過程について究明し、社会的動物としてのヒトの「適応」について考察している。
教育の取り組み 学生のこれからの生き方の指針となるような講義を意図している。
毎回、受講者に課題を提出させて考えさせるようにしている。課題の提出によって受講者の理解度のチェックだけでなく、受講者の意見や質問を授業に生かせるように努力している。また、予習復習ができるように、授業の資料をweb上で閲覧できるようにしている。
研究業績、
研究活動など
  • 岡山県のニホンザルの分布調査-2003年度報告 平成17年3月
  • 近接関係に基づく集団の構造 平成10年3月
  • ニホンザル雌の出産による個体関係の違いの分析 平成4年3月
  • ニホンザル集団における成体雄と成体雌との関係の季節的変化 平成2年3月
社会的活動など
  • 平成17年10月 真庭市神庭の滝猿管理委員会委員(現在に至る)
  • 平成17年12月 天然記念物「臥牛山のサル生息地」保護管理委員会委員(現在に至る)
学生や受験生への
メッセージ
大学では、学びの姿勢を身につけることを心がけて欲しいと思います。変化の速い現代社会では、一生涯にわたる学習が必要です。その基礎となるのが、学びの姿勢です。それは、よく分からないけれど面白いことを見つけ、難しいけれど知りたいと思うことです。そして、この学びの姿勢を次の世代にも伝えていって欲しいと願っています。