写真:蜂谷 俊隆

准教授蜂谷 俊隆

学位・主な資格
  • 博士(人間福祉;関西学院大学)
  • 社会福祉士
主な担当科目
  • 社会福祉概論
  • 児童家庭福祉
  • 保育実習(福祉施設)
  • 児童福祉特論(大学院)
略歴
  • 障害児者地域生活支援コーディネーター
  • 関西学院大学大学院博士課程後期課程修了
研究テーマ 重い障害のある子どもやその家族に対する生活支援についての研究と、福祉の歴史的研究に並行して取り組んでいます。
教育の取り組み すっぱり決めきってしまう明解さやブレない勇ましさよりも、決めてしまうことにためらいをもつ謙虚さや、ゆらぎの幅によって生まれる可能性を大切にしたいと思います。
研究業績、
研究活動など
  • 『福祉にとっての歴史 歴史にとっての福祉―人物で見る福祉の思想』(ミネルヴァ書房, 2017) 共編著
  • 『糸賀一雄の研究―人と思想をめぐって』(関西学院大学出版会, 2015) 単著、第5回吉田久一奨励賞(刊行費助成)/第13回社会福祉学会学会賞(奨励賞・単著部門)
  • 『子どもの人権問題資料集成』全10巻(不二出版, 2010) 共編著
  • 『人物でよむ社会福祉の思想と理論』(ミネルヴァ書房, 2010) 共著
  • 『社会福祉論』(久美出版, 2010) 共著
  • 『障害者福祉論』(ミネルヴァ書房, 2008) 共著
  • 『人物でよむ社会福祉の歴史』(ミネルヴァ書房, 2006) 共著
  • 「昭和20年代における糸賀一雄のコロニー構想と知的障害観」『社会福祉学』53(1)(日本社会福祉学会, 2012) 単著論文、第10回社会福祉学会学会賞(奨励賞・論文部門)
社会的活動など
  • 社会事業史学会理事・史資料問題委員会委員
  • 日本社会福祉学会アーカイブ化推進委員会委員
  • 津山市地域公共交通会議委員
学生や受験生への
メッセージ
大学の授業って、役に立ちそうにないし面白くなさそう?まあまあ、そう言わずに、世の中は今の自分にとって、すぐに役に立つことだけで成り立ってはいないんだから。