写真:山口 仁孝

教授山口 仁孝

学位・主な資格
  • 医学博士(長崎大学)
  • 獣医学士(帯広畜産大学)
  • 獣医師
主な担当科目
  • 基礎生物学Ⅰ・Ⅱ
  • 微生物学
  • 食品衛生学
  • 食品衛生学実験
  • 食品衛生科学特論
略歴
  • 長崎県庁
  • 徳島大学疾患酵素学研究センター 助教
研究テーマ 環境・食水系感染症に関わる病原微生物の検出・制御、遺伝子組み換え農産物を利用した食品や食物アレルギーに関する研究
教育の取り組み 獣医病理学、食品衛生学、食品由来感染症学の分野について、病理組織学・細菌学・生化学・分子生物学的手法等を用いて、微生物やプリオンの研究を行ってきました。
美作大学では、基礎生物学、微生物学および食品衛生学等を担当しています。長年公務員として行政に携わり、食中毒事例に数多く接した経験から、実際に起こった個別の事例等についても講義で取りあげて、食の安全についてより深い理解が得られるような授業を目標にしたいと考えます。
大学院では、自主的な学習・研究を追求するよう指導します。
研究業績、
研究活動など
  • Mouse-Hamster Chimeric Prion Protein (PrP) Devoid of N-Terminal Residues 23-88 Restores Susceptibility to 22L Prions, but Not to RML Prions in PrP-Knockout Mice: PLoS ONE 9(10), e109737, (2014)
  • Biological and Biochemical Characterization of Mice Expressing Prion Protein Devoid of the Octapeptide Repeat Region after Infection with Prions: PLoS ONE 7(8), e43540, (2012)
  • Effects of a brain-engraftable microglial cell line expressing anti-prion scFv antibodies on survival times of mice infected with scrapie prions, Cell Mol Neurobiol, Apr 23, (2011)
  • Dominant-negative Effects of the N-terminal Half of Prion Protein on Neurotoxicity of Prion Protein-like Protein/Doppel in Mice JBC 283, 35, 24202-24211, (2008)
社会的活動など
  • 津山市地球温暖化対策協議会委員(平成24年11月~)
学生や受験生への
メッセージ
大学は学業のみならず、人間形成の場として、さまざまなことを勉強する場であると考えます。一緒にがんばりましょう。