写真:田中 涼

講師田中 涼

学位・主な資格
  • 学士(社会福祉学/熊本学園大学 社会福祉学部 第一部社会福祉学科)
  • 修士(保健福祉学/県立広島大学大学院 総合学術研究科 保健福祉学専攻)

  • 認定社会福祉士(高齢分野)
  • 介護支援専門員

主な担当科目
  • 社会理論と社会システム

  • 福祉行財政と福祉計画

  • 相談援助演習    他
略歴
  • 2004年~ 医療法人緑十字会 笠岡中央病院 くじば苑附属在宅介護支援センター
  • 2006年~ 笠岡市地域包括支援センター(医療法人緑十字会より笠岡市に出向)
  • 2008年~ 益田市役所(地域包括支援センター等高齢者福祉分野に配属)
  • 2019年~ 美作大学(現在に至る)
研究テーマ

市町村社会福祉行政機関に所属する福祉専門職へのスーパービジョンに関する研究

地域共生社会の実現に向けて市町村には自律した社会福祉行政の運営が求められており、福祉事務所等市町村行政機関に所属する社会福祉士等の福祉専門職にはミクロ・メゾ・マクロの各レベルでのソーシャルワーク実践が期待される。

本研究では、市町村社会福祉行政機関に所属する社会福祉士等の福祉専門職の行うソーシャルワーク実践の現状と課題について明らかにしつつ、実践に必要とされるコンピテンシーを獲得するために有効なスーパービジョン体制の在り方について明らかにしたいと考えている。

教育の取り組み

基礎的な知識はテキストをはじめ文献で学びつつ、動画の視聴やグラフ等データの活用、私自身の15年間のソーシャルワーク実践の経験を還元することで、学生が社会福祉士としての「動き」をイメージしやすいような講義・演習を心がけている。

研究業績、
研究活動など
  • 自治体における高齢者虐待案件への対応の実際と課題(実践成年後見No.56 民事法研究会発行)
  • 対人援助職の人材育成を目的とした事例検討実践モデルの構築に関する質的研究(修士論文・学会発表)
  • スーパービジョンの要素を取り入れた多職種による事例検討会に参加する社会福祉士の「力量形成」に対する意識(学会発表)
社会的活動など
  • 笠岡市介護保険運営協議会委員
  • 笠岡市地域包括支援センター運営協議会委員
  • 備前市社会福祉協議会法人後見運営委員会委員
  • 島根県社会福祉士会 生涯研修センター委員長
  • 益田・鹿足成年後見センター運営委員
  • 相談援助技術やスーパービジョンをテーマとする研修、事例検討会、島根県主任介護支援専門員研修の講師 他
学生や受験生への
メッセージ

社会福祉を学び、実践し始めてからかれこれ20年近くなりましたが、まだまだ興味は尽きません。学生と教員の距離が近くアットホームなこの美作大学で、学生の皆さんと明るく楽しく一緒に勉強していきたいと思っています。充実した熱い4年間をともに過ごしましょう。