Home>教育・研究・関連施設>教員免許状更新講習

教育・研究・関連施設

Faculty, Researches & Facilities

教員免許状更新講習 <2018年度>

2018(平成30)年度 教員免許状更新講習 お知らせ

講義中に使用する教材等の準備物がある場合、開設講座一覧(ページ下部)に追記いたしますので、確認してください。

2018年5月22日 文部科学省より認可がおりました。
2018(平成30)年度の教員免許状更新講習について情報を掲載しました。
2018年5月22日 申込フォームなどのダウンロードはできますので、早めにご準備ください。
※申込期間前ですので、まだ申込みできませんのでご注意ください。
2018年6月1日 予約申込フォームに不備がありましたので、差し替えをしました。
すでにご準備いただいた方は申し訳ありませんが、再度ダウンロードして作成ください。
2018年6月14日 予約申込フォームをiPhone等のエクセルで入力する際に不備がありましたので、差し替えをしました。
PCでご入力いただいている方は影響ないと思われます。
2018年6月14日 準備する必要のある教材を開講講座一覧(ページ下部)に追記しました。
2018年6月18日 本日18時より予約申込を開始いたしました。多数のご予約ありがとうございます。
2018年6月18日 以下の1講座は申込者多数のため、締め切りました。
 8月21日(火曜)開講の「給食献立を教材とした食に関する指導」(担当:森本恭子)
※新しい予約フォームをダウンロードしてからお申込みください。
2018年6月19日

以下の3講座は申込者多数のため、締め切りました。
 8月23日(木曜)開講 選択必修講座「教育相談(アンガーマネジメント・カウンセリングマインド)」

                              (担当:渡邉淳一)
 8月20日(月曜)開講 選択講座「日本語との違いから学ぶ英語」(担当:桐生和幸)
 8月24日(金曜)開講 選択講座「発達障害の理解と支援」(担当:安田純)
※新しい予約フォームをダウンロードしてからお申込みください。

2018年6月20日

以下の2講座は申込者多数のため、締め切りました。

 8月22日(木曜)開講 必修講座「教育の最新事情」
 8月23日(木曜)開講 選択必修講座「アクティブラーニングを活用した指導法の工夫及び改善」(担当:岡村健太)

※新しい予約フォームをダウンロードしてからお申込みください。

2018年6月20日

現在申し込みが殺到しており、事務処理が追いつかない状況となっています。そのため正式な受講可否についての返信メールが遅れる状況が出てきておりますので、ご了承下さい。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

2018年7月17日

教員免許状更新講習の受付は7月13日(金曜)をもって締め切りました。たくさんの申し込みをいただき、誠にありがとうございました。
また、定員超過や現職教員優先等で講座を受けられなかった先生方には大変申し訳ございませんでした。
受講をしていただく先生方には、お送りいただきましたメールアドレスに本申込書等を添付しご案内しております。
8月3日(金)までに必要書類を本学教務課までお送りくださいますよう、よろしくお願いいたします。

2018年7月17日

<選択講座(6)>は11月17日(土)に「やさしい相対性理論入門」を開講します。こちらも開講予定です。
申込期間:2018(平成30)年10月22日(月曜)18時~11月2日(金曜)17時
申込期間がきましたら忘れずにお申込みください。

 

2018(平成30)年度 教員免許状更新講習概要

教員免許更新制について

ねらい

教員免許更新制は、その時々で求められる教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技能を身に付けることで、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ることを目指すものです。
(注) 不適格教員の排除を目的としたものではありません。

有効期間の更新

原則的に、有効期間満了日(修了確認期限)の2年2ヶ月から2ヶ月前までの2年間に、大学などが開設する30時間以上の免許状更新講習(下記参照)を受講・修了した後、免許管理者(都道府県教育委員会)に申請する必要があります。

(1)必修領域(6時間以上)
全ての受講者が受講する領域

(2)選択必修領域(6時間以上)
受講者が所有する免許状の種類、勤務する学校の種類又は教育職員としての経験に応じ、選択して受講する領域

(3)選択領域(18時間以上)
受講者が任意に選択して受講する領域

新免許状(平成21年4月1日以降に初めて授与された免許状)

10年間の有効期間が付されます。

旧免許状(平成21年3月31日以前に初めて授与された免許状)

所持者にも、更新制の基本的な枠組みが適用されます。
詳細は、文部科学省ホームページの修了確認期限をチェックページ(外部サイトへ移動)をご参照ください。

講習期間

必修講座(1講座) 2018(平成30)年8月22日(水曜)
選択必修講座(4講座) 2018(平成30)年8月23日(木曜)
選択講座(5講座) 2018(平成30)年8月20日(月曜)、21日(火曜)、24日(金曜)
選択講座(1講座) 2018(平成30)年11月17日(土曜)

場所

美作大学学内
〒708-8511 岡山県津山市北園町50
アクセス方法については、交通アクセスページをご覧ください。

受講資格(2018年度)

新免許状

平成21年4月1日以降に初めて教員免許状を授与された現職教員(幼稚園・小学校・中学校・高等学校・中等教育学校・特別支援学校の教諭・講師・養護教諭等)で、有効期間満了日が2019(平成31)年3月31日もしくは2020(平成32)年3月31日の方です。

旧免許状

平成21年3月31日以前に教員免許状を授与された現職教員(幼稚園・小学校・中学校・高等学校・中等教育学校・特別支援学校の教諭・講師・養護教諭等)で、次の生年月日に当てはまる方です。

(1)免許状更新講習の受講期間:2017(平成29)年2月1日~2019(平成31)年1月31日
  • 昭和38年4月2日~昭和39年4月1日生まれ
  • 昭和48年4月2日~昭和49年4月1日生まれ
  • 昭和58年4月2日~昭和59年4月1日生まれ
(2)免許状更新講習の受講期間:2018(平成30)年2月1日~2020(平成32)年1月31日
  • 昭和39年4月2日~昭和40年4月1日生まれ
  • 昭和49年4月2日~昭和50年4月1日生まれ
  • 昭和59年4月2日~

詳細は、文部科学省ホームページの修了確認期限をチェックページ(外部サイトへ移動)をご参照ください。

受講資格(2018年度)についてのご注意いただきたい点

  • 手続(有効期間満了日もしくは修了確認期限の2ヶ月前までに)によりやむを得ない事由により、有効期間の延長(修了確認期限の延期)することができます。
  • 有効期間(修了確認期限)の延長が認められた受講希望者は、生年月日から起算した受講期間に講習を受講するのではなく、新しく設定された有効期間満了日(修了確認期限)から起算した受講期間に講習を受講する必要があります。

上記の点を含め、有効期間や修了確認期限に関するお問い合わせは文部科学省もしくは所管の都道府県教育委員会にお問い合わせください。

更新講習の流れ

1.予約申込フォームのダウンロード

申込手続きより予約申込フォーム(Excelファイル)をダウンロードしてください。

2.予約申込フォームに記入・送信

申込期間は、2018年6月18日(月曜)18時~7月13日(金曜)17時です。

申込期間(選択講座(6)のみ)は、2018年10月22日(月曜)18時~11月2日(金曜)17時です。

3.自動配信メール

送信された予約申込フォームが受信された時点で自動的に返信されます。
(注)Auto Response"自動返信2018年度更新講習"の件名で自動返信メールを配信いたします。
(注)受付開始前に送信されても届きませんのでご注意ください。
(注)先着順は、本サーバへの到着時刻をもって判断させていただきます。ご了承ください。

4.本学から受講可能か否かの返信

受講可能な場合、本申込書等、必要書類をメールにて返信

5.必要書類を本学へ郵送

必修講座・選択必修講座A~D・選択講座(1)~(5):本申込郵送締切日は、8月3日(金曜)です。

選択講座(6):本申込郵送締切日は、11月9日(金曜)です。

6.受講者証等を本学から郵送

7.受講・試験・事後アンケート

8.履修証明書もしくは修了証明書の郵送

(注)履修証明書または修了証明書は教員免許の更新が完了したことをお知らせするものではありません。
(注)教員免許の更新には所轄の教育委員会での手続が必要です。お忘れないようにしてください。

開設講座一覧

必修講座(必修領域)

開講日 講習名 募集定員
8月22日(水曜) 教育の最新事情 150人

選択必修講座(選択必修領域)A~D

担当講師 開講日 講習名 募集定員
中野 和光 8月23日(木曜) 【A】学習指導要領の改訂の動向、法令改正及び国の審議会の状況 100人
佐々木 勇 8月23日(木曜) 【B】学校における危機管理などに対する組織的対応 100人
岡村 健太 8月23日(木曜) 【C】アクティブラーニングを活用した指導法の工夫及び改善 100人
渡邉 淳一 8月23日(木曜) 【D】教育相談(アンガーマネジメント・カウンセリングマインド) 30人

選択講座(1)~(6)

担当講師 開講日 講習名 主な対象者 募集定員
桐生 和幸 8月20日(月曜) (1)日本語との違いから学ぶ英語 幼稚園教諭
小学校教諭
中高国語科・英語科教諭
100人
土海 一美 8月20日(月曜) (2)食育の理論とその応用 養護教諭
栄養教諭
50人
森本 恭子 8月21日(火曜) (3)給食献立を教材とした食に関する指導 全教員 50人
森本 恭子 8月24日(金曜)

(4)食に関する指導の教材となる献立作成

【必要な教材】東山書房「楽しく学ぶ献立の教材化の理論と実践」

栄養教諭 20人
安田 純 8月24日(金曜) (5)発達障害の理解と支援 全教諭
養護教諭
120人
荻野 真介 11月17日(土曜) (6)やさしい相対性理論入門 小学校教諭
中高理科教諭
30人

 

講習当日のスケジュール

必修講座

8月22日(水曜)
時間帯 項目 内容 講師
8時50分~9時00分 ガイダンス 全体的なガイダンス 教務課
9時00分~10時30分 講習(1)+試験 国の教育政策や世界の教育の動向 中野
10時30分~10時40分 休憩 10分間の休憩
10時40分~12時10分 講習(2)+試験 教員としての子ども観、教育観等についての省察 岡村
12時10分~13時10分 昼休憩 1時間の休憩
13時10分~14時40分 講習(3)+試験 子どもの発達に関する脳科学、心理学等における最新の知見
(特別支援教育に関するものを含む)
妻藤
14時40分~14時50分 休憩 10分間の休憩
14時50分~16時20分 講習(4)+試験 子どもの生活の変化を踏まえた課題 渡邉淳
16時20分~16時45分 事務連絡 連絡、確認などを行う 教務課

選択必修講座A・B・C・D/選択講座(1)~(6)

8月23日(木曜)

選択必修講座A:学習指導要領の改訂の動向、法令改正及び国の審議会の状況
選択必修講座B:学校における危機管理などに対する組織的対応
選択必修講座C:アクティブラーニングを活用した指導法の工夫及び改善
選択必修講座D:教育相談(アンガーマネジメント・カウンセリングマインド)

8月20日(月曜)、21日(火曜)、24日(金曜)

選択講座(1)~(5)

11月17日(土曜)

選択講座(6)

時間帯 項目
9時00分~9時10分 ガイダンス
9時10分~10時40分 講習
10時40分~10時50分 休憩
10時50分~12時20分 講習
12時20分~13時20分 昼休憩
13時20分~14時50分 講習
14時50分~15時00分 休憩
15時00分~16時30分 講習+試験
16時30分~16時40分 事務連絡

 

 

申込期間

<必修講座・選択必修講座・選択講座(1)~(5)>

2018(平成30)年6月18日(月曜)18時~7月13日(金曜)17時

<選択講座(6)>

2018(平成30)年10月22日(月曜)18時~11月2日(金曜)17時

受講料について

必修講座(必修領域)

受講時間 6時間
受講料 6,000円(教材費込)

選択必修講座(選択必修領域)

受講時間 6時間
受講料 6,000円(教材費込)

選択講座(選択領域)

受講時間 6時間
受講料 6,000円(教材費込)

申込手続き

手順1.予約申込フォームの送信

本学HPよりダウンロードした予約申込フォームに必要事項をご記入いただき、予約フォームを添付の上、次のアドレスへ送信してください。

  • 2018(平成30)年度予約申込フォーム(EXCELファイル)のダウンロードはこちら申込期間は終了しました。

※申込開始は6月18日(月曜)18時~です。それより前にフォームを送らないようにご注意ください。

  • こちらからの連絡は予約フォーム内のメールアドレスに連絡いたしますのでご注意ください。
  • 予約申込フォームの送信に@yahoo.co.jpなどのフリーメールアドレスをご使用の場合は、迷惑メールとして扱われ、本学に届かないケースが多発しておりますので、ご注意ください。
  • 予約申込フォームが本学に到着した時点で自動配信メールが配信されます。
  • 自動配信メールが届かない場合は、お送りいただいた予約申込フォームは本学に届いておりません。
  • この自動配信メールは受講決定をお知らせするものではありません。
  • 携帯電話・スマートフォンで送信の方は、@mimasaka.ac.jpからのメールが受信できるように設定を見直してください。

メールの記載項目

申込アドレス:kousin@mimasaka.ac.jp
メールの件名:「2018 教員免許講習予約申込(あなた様のお名前)」
ファイル名:「あなた様のお名前」
(注)予約申込フォーム内の電話番号は、「-(半角ハイホン)」を入れて記載してください。
(注)kousin@mimasaka.ac.jpのメールアドレスには6月18日(月曜)18時(選択講座(6)については10月22日(月曜)18時)にならないとメールは届きません。
(注)ご送付いただいた予約フォームについて携帯電話やご勤務先、ご自宅にお問い合わせをする場合があります。
(特にApple社製のコンピュータを使用して予約フォームを作成された方についてはフォームが崩れる場合が確認されております)

手順2.返信メールの確認

本学から予約申込フォームを受け取った旨のメールをお送りします。
本学がメールを受け取ってから、3日以内(金曜・土曜に受け取った場合は翌月曜)の夕方までに返信します。
併せて、受講可能かどうかの結果も一緒にお送りします。

  • 先着順とさせていただきますので、定員に達した場合はお断りさせていただくことになります。
  • 2営業日経っても本学から連絡がない場合は、お手数ですが、本学にお問合せください。
    0868-22-7310(教務課直通:土曜・日曜・祝日を除く、平日9時から18時まで)

手順3.本申込の郵送

手順2の返信の際に、本申込の書類を添付しますので、プリントアウトしていただき、本学へ郵送してください。

8月に開講された必修講座・選択必修講座・選択講座(1)~(5)にお申込みいただき、11月の選択講座(6)の本申込をされる方につきましても大変お手数ですが手順3.まで同様に申込みください。本申込書の証明者欄には再度押印いただいてください。

更新講習のキャンセルの取扱いについて

キャンセル時期 返還額
講習開始日前日まで 受講料から返還手数料を差し引いた額
講習開始日以降 返還なし

更新講習のお問い合わせ先

美作大学 教務課

電話:0868-22-7310(教務課直通)
(土曜・日曜・祝日を除く、平日9時から18時まで)
メールアドレス kyomu@mimasaka.ac.jp

連絡先メールアドレスについて

登録メールアドレスが携帯電話のメールアドレスの方は、携帯電話以外からのメール拒否(ドメイン拒否)設定を解除するか、美作大学からのメールを受信する設定を行うようにしてください。

メールでのお問い合わせについて

メールでお問い合わせされる場合は、必ず「ご氏名」「連絡が取れる電話番号」「質問事項」をご記入ください。
(注)@yahoo.co.jpが含まれるメールアドレスをご使用になったお問い合わせメールが本学に届いていないケースが多発しております。ご注意ください。

本学への問い合わせについて

本学へのお問い合わせは、休日のため土曜・日曜・祝日にお問い合わせいただいても対応できません。土曜・日曜・祝日のお問い合わせは控えていただきますようにお願いします。

その他

教員免許更新制について

文部科学省ホームページの以下のページをご参照ください。

最初の修了確認期限の確認について

文部科学省ホームページの以下のページをご参照ください。

その他

免許更新制のお問い合わせ先については、文部科学省ホームページ以下のページをご参照ください。