学内ポータル

Campus Portal Site

教職員・学生共通のお知らせ

学内ネットワーク利用等に関する倫理指針

学内ネットワーク利用等に関する倫理指針」は、美作大学・美作大学短期大学部における学内ネットワークの利用や情報機器の管理・運営に関して学生および教職員の皆さんが守るべき事項を定めたものです。
このネットワークを利用するにあたり、指針に掲げられた事項に反しないように十分な注意をしてください。

ヘルプデスク(相談窓口)

学修・学術情報センターでは、ヘルプデスクを開設しています。
職員や学生の皆さんが使用しているパソコン等で調子が悪い、設定がおかしい、ウイルスに感染したかもしれない、などの問題が発生したときに利用してください。

ヘルプデスク窓口は、100周年記念館2階総合案内となります

学内無線LAN接続サービス

学修・学術情報センターでは、学生ならびに教職員各自が所有するノートパソコンを学内でインターネット接続することができる無線LAN接続サービスをしています。
学内で、Webサイトや電子メールなどのインターネット上のサービスを各自のノートパソコンで利用することができます。
利用にあたっては無料ですが、ノートパソコンに無線機能が内蔵されているか無線LAN機器が必要です。
無線機能が無い場合は、無線LAN機器の貸し出しもしていますので記念館2階総合案内にてご相談下さい。

警報発令時の授業等の取り扱いについて

1.発令された警報の取り扱い

津山市に次の各警報が発令された場合には、全ての授業を休講とする。

  • 特別警報
  • 暴風警報
  • 暴風雪警報
  • 大雨警報と洪水警報の同時発令
注意事項
  • 授業中・試験中に警報が発令された場合は、本学の指示に従うこと。
  • 休講となった授業については後日補講を行うので、掲示板に注意すること。
  • 学外で実習を行っている場合は、各学科の実習担当の教員の指示に従うこと。

2.警報解除時の取り扱い

警報が解除された場合は下記の通り措置する。

休講に該当する警報の解除時刻 授業の取り扱い
午前6時までに解除された場合 平常通り
午前10時までに解除された場合 3コマ目より開始
午前10時を過ぎて解除された場合 全コマ休講

3.警報発令時の留意事項

警報が発令された場合は上記基準によるが、次の各号に留意すること。

1.特別警報が発令された場合について

特別警報が発令された場合は、危険度が非常に高い状態にある。周囲の状況や市町村から発表される避難指示・避難勧告などの情報に留意し、ただちに命を守るための行動をとること。

2.津山市以外で警報が発令されている場合について

該当警報が津山市以外で発令されている場合は休講とはしないが、地域の実状により登校することが困難もしくは危険と感じられる場合は、各自の判断で自宅待機し、後日、教科の担当教員及び教務課に欠席の事情を述べ、公欠の手続きをする。

3.休講に該当する警報が発令されていない場合について

津山市に該当警報以外の警報(単独での大雨警報、単独での洪水警報、大雪警報等)が発令されている場合は休講とはしないが、地域の実状により登校することが困難もしくは危険と感じられる場合は、各自の判断で自宅待機し、後日、教科の担当教員及び教務課に欠席の事情を述べ、公欠の手続きをする。

4.警報が発令されていない場合について

気象に関するこれらの警報が全く発令されていない場合でも、地域の実状により登校することが困難もしくは危険と感じられる場合は各自の判断で自宅待機し、後日、教科の担当教員及び教務課に欠席の事情を述べ、公欠の手続きをする。

5.授業・試験以外の取り扱いについて

授業・試験以外の取り扱いも上記に準じる。ただし、行事等の取り扱いについては、担当部署が判断する。

夜間外出に関する注意・お願い

下校の際など、くれぐれも夜道の一人歩き等には注意してください。
また、貴重品の取り扱いにも注意をお願いします。