食と子どもと福祉! 美作大学 美作大学短期大学部

写真エリア

  • 美作大学生活科学部
  • 美作大学短期大学部
  • 短期大学部専攻科
  • 美作大学大学院
  • 学校施設・機関

現在位置 : トップ > アクセシビリティについて

ここから本文

アクセシビリティについて

より多くの人に見ていただくために

 インターネットで情報を得ているのは、若い人達だけではありません。高齢者や視覚・聴覚に障害を持った人、体の不自由な人や子供たち、実に様々な人たちです。
 色々な環境の人が訪れても楽しめ、必要な情報を取り出せるように、下記のアクセシブルガイドラインに基づいて、最新技術のリンク形式のスタイルシートを使用し、文字サイズや行間を調整して読みやすくする等、より多くの人に見ていただくために、できるだけ配慮したアクセシブルなサイト作りを心がけて制作しています。

アクセシブルガイドライン

 このガイドラインは、W3C(World Wide Web Consortium)中の組織であるWAI (Web Accessibility Initiative)が発表した「Webコンテンツアクセシビリティ・ガイドライン 1.0」及び、郵政省の「インターネットにおけるアクセシブルなウェブコンテンツの作成方法に関する指針」や関係するホームページ、メーリングリスト、当事者の声等を参考に、株式会社ユーディットが長年の研究・経験から独自に作成したものです。
詳しくはユーディットの「Webアクセシビリティ」をご覧下さい。

W3C「ダブリュースリーシー」

WWW(ワールド・ワイド・ウエッブ)で利用される技術の標準化をすすめる非営利団体。1994年10月にWWW技術に関わりの深い企業、大学・研究所、個人などが集まって発足した。 W3Cの設立にはマサチューセッツ工科大学(MIT)や、WWWが開発された欧州合同素粒子原子核研究機構(CERN)などが大きな役割を果たしている。現在では、マサチューセッツ工科大学計算機科学研究所(MIT/LCS)、フランス国立情報処理自動化研究所(INRIA)、日本の慶應義塾大学SFC研究所(Keio-SFC)がホスト機関としてW3Cを共同運営している。


WAI「ダブリューエーアイ」

WWWに関する標準の策定を行っているW3C内に設けられた組織で、体の不自由な人も含めて誰もがWWWを利用できるようにすることを目的としている。障害者に配慮したWebコンテンツの作成方法などに関する指針を公表している。

本文の先頭へ戻る サイト関連コンテンツ・対象者別コンテンツの一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る