食と子どもと福祉! 美作大学 美作大学短期大学部

写真エリア

  • 美作大学生活科学部
  • 美作大学短期大学部
  • 短期大学部専攻科
  • 美作大学大学院
  • 学校施設・機関
ここから本文
社会福祉学科
社会福祉学科 社会福祉士養成課程 メイン写真

  • 取得可能な免許状・資格
  • ●社会福祉士国家試験受験資格
  • ●各種福祉系任用資格
    社会福祉主事/身体障害者福祉司/知的障害者福祉司/児童福祉司/児童指導員  
  • ●高等学校教諭一種免許状(福祉)
  • ●レクリエーションインストラクター資格

免許状・資格の詳細はこちら


ここから本文

現在位置 : トップ社会福祉士養成課程 > 学修内容とカリキュラム

社会福祉学科 社会福祉士養成課程
学修内容とカリキュラム

4年間の学修内容

1年次

最初に衣食住など生活科学全般に関する基礎知識や、生活や福祉についての基礎科目を習得します。そして、生活を多面的に科学すると同時に、高齢者の支援と介護保険制度や、児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度などの社会福祉の専門知識も学びます。

2年次

2年次では相談援助の理論と方法Ⅰなどの専門的な講義内容に進みます。後期からは相談援助演習Iにはじまり、相談援助の実践力を身につけていきます。また、情報処理関連の技術も習得していきます。

3年次

地域福祉をはじめとする専門科目を中心に、福祉、医療、就労支援、権利擁護など専門的知識を高めていきます。3年次では福祉施設や福祉機関などでの実習やゼミ学習・研究を行い、実践力を高めていきます。

4年次

福祉施設や福祉機関などでの実習や、ゼミ学習でさらに専門的知識を高めていきます。また、卒業研究では専門職としての福祉のあり方を深く洞察します。もちろん、国家試験などの資格試験に向けての対策も万全です。


本文の先頭へ戻る 社会福祉士養成課程の目次へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る

カリキュラム

基礎教育分野

(基礎教育分野のうち社会福祉学科基礎科目)
一般教養を養い専門的知識を支える基礎教育カリキュラム

前期 後期
学科基礎科目
1年次 生活福祉論
社会の変化と社会福祉Ⅰ
2年次 住まいと福祉
福祉情報コミュニケーション
数学の基礎
3年次
4年次

専門教育分野

専門的知識の習得と実践力養成に重点を置いたカリキュラム

前期 後期
学科基幹科目
1年次 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度Ⅰ・Ⅱ
高齢者に対する支援と介護保険制度Ⅰ・Ⅱ
介護概論
2年次 現代社会と福祉Ⅰ・Ⅱ
NPO・ボランティア活動論
地域づくりと環境デザイン
障害者に対する支援と障害者自立支援制度Ⅰ・Ⅱ
福祉のまちづくり概論
加齢の理解
障害の理解
地域づくりと住民参加
3年次 地域福祉の理論と方法Ⅰ
安全・安心のまちづくり
4年次 中山間地福祉のまちづくり
地域経済・地域財政からみたまちづくり
社会福祉学科展開科目
1年次 低所得者に対する支援と生活保護制度
相談援助の基盤と専門職Ⅰ・Ⅱ
心理学理論と心理的支援
社会の変化と社会福祉Ⅱ
2年次 相談援助の理論と方法Ⅰ
相談援助演習Ⅰ
人体の構造と機能及び疾病
人体構造及び日常生活行動に関する理解
福祉情報論及び同演習
リハビリテーション論
加齢の理解
障害の理解
社会理論と社会システム
社会保障Ⅰ・Ⅱ
3年次 社会福祉事業史
地域福祉の理論と方法Ⅱ
社会調査の基礎
福祉サービスの組織と経営
更生保護制度
相談援助実習指導Ⅰ
医療ソーシャルワーク論
福祉のまちづくり演習
精神保健
相談援助実習
相談援助の理論と方法Ⅱ
就労支援サービス
権利擁護と成年後見制度
介護実習
保健医療サービス
家庭支援論
ウェブリテラシー演習
4年次 福祉行財政と福祉計画
相談援助演習Ⅳ・Ⅴ
相談援助実習指導Ⅱ
その他の専門科目
1年次
2年次 教育心理学
福祉デザイン(衣)論
パソコン演習Ⅰ
福祉デザイン(衣)演習
3年次 情報のユニバーサルデザイン論
パソコン演習Ⅱ
パソコン実践演習
簿記会計学
生徒・進路指導論
教育実践演習(高)
4年次
卒業研究系
1年次
2年次
3年次 特別演習Ⅰ
4年次 特別演習Ⅱ 卒業研究
特別演習Ⅲ

教職関連分野

教諭免許状のためのカリキュラム

前期 後期
教職科目
1年次
2年次 教育原理 教職論
3年次 教育経営論
福祉科教育法
教育課程論
特別活動の研究
4年次 教育方法・技術論
教育相談
事前事後指導
教育実習
生徒・進路指導論
教育実践演習(高)

●この学科で学ぶ特徴的な授業の一例です
1年次 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度Ⅱ
 日本では少子・高齢化が急速に進み、児童虐待問題を始めとして子どもたちを取り巻く環境は大きく変化してきています。こうした中、子どもたちが置かれている生活実態や問題について理解していくとともに、一人ひとりの子どもたちの生活が生き生きとしたものとなっていくために、現在取り組まれている児童・家庭福祉の施策について理解を深めていきます。(有岡道博/准教授)

児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度Ⅱ
児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度Ⅱ
2年次 現代社会と福祉Ⅰ・Ⅱ
 社会福祉は私たちの生活にどう関係しているのか。また、社会福祉は私たちの生活にどのような形で届くのか。そもそも社会福祉とは何なのか。
 これらの問いに歴史、理論、哲学、制度設計などの視点からアプローチしていきます。身近な生活問題をテーマにグループディスカッションを取り入れていくことで、学問と実践を繋ぎ、社会福祉士としての専門的能力を高めていきます。(武田英樹/准教授)

現代社会と福祉Ⅰ・Ⅱ
2年次 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
 障がいのある人が障がいのない人より劣っているというわけではありません。しかし、障がいのある人がこの社会で障がいのない人と同じように生活できる状況ではありません。障がいのある人の状況を理解し、障がい者福祉や施策を学び、そして現状と課題について考えます。障がいのある人があたり前に暮らすこと、どんな人も豊かに暮らすことができる社会とは何かについて考えていきます。(薬師寺明子/准教授)

障害者に対する支援と障害者自立支援制度
障害者に対する支援と障害者自立支援制度
3年次 保健医療サービス
 超高齢社会の日本は、高騰する医療費に対し医療・福祉施策がめまぐるしく変化している状況です。しかし、どのような時代でも、病気になれば誰でも可能な限り適切な医療が受けられるよう保障されなければなりません。本科目では、病気とともに生きる患者の状況を理解し、保健医療領域での社会福祉の支援とは何かを考えていきます。また、保健医療サービスを支える制度や施設、他の専門職のほか、チームアプローチについて学んでいきます。(永見芳子/講師)

保健医療サービス
保健医療サービス

シラバス

シラバスはこちらのページに掲載しています。 本文の先頭へ戻る 社会福祉士養成課程の目次へ戻る 学部・学科の一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る