食と子どもと福祉! 美作大学 美作大学短期大学部

写真エリア

  • 美作大学生活科学部
  • 美作大学短期大学部
  • 短期大学部専攻科
  • 美作大学大学院
  • 学校施設・機関

現在位置 : トップ > 【キャンパスライフ】学生生活スタイルの紹介

ここから本文

学生生活スタイルの紹介

学生のほとんどは津山以外からの学生。寮生、下宿生、通学生とそれぞれの生活スタイルで学生生活を楽しんでいます。

一人暮らし(指定アパート) Aさんの生活スタイル

 一人暮らしを始める前は不安だらけでした。津山は初めての土地でしたし、家事は苦手で自信もありませんでした。なによりもこれまでずっと家族と一緒に暮らしていたので、離れ離れになることが一番辛かったです。けれども、美作大学には将来の目標のためにしっかりと社会福祉を学びたかったことと、国家試験の合格率が高いので進学を決めました。入学し新学期が始まると、アットホームで温かい大学の雰囲気は私の不安をすぐに吹き飛ばしてくれました。誰にも縛られず好きなように過ごせる一人暮らしを今では楽しく感じています。また、一人暮らしを通して親のありがたみが身に染みてわかりましたし、自分の行動に責任感を持つようになりました。ゼミや劇団に参加したり、ボランティアセンターの学生スタッフ代表を務めたりと、この大学でとても積極的な自分になったように思います。
Aさんの写真


本文の先頭へ戻る キャンパスマップの一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る

一人暮らし(一般アパート) Bさんの生活スタイル

 美作大学出身の高校の先輩から、小学校の先生になりたいならこの大学がいいよと勧められたことや、オープンキャンパスでの学生や先生の雰囲気が良かったので進学しました。入学前は遠く親元を離れて自炊や洗濯を一人でやっていけるか不安はありました。一人は寂しそうだなと思っていましたが、大学生活が始まると友だちもすぐにできて、本当にアットホームな大学だとわかりました。
 一人暮らしは時間にしばられることなく、自分の時間を自由に過ごせることが良いところだと思います。何をするにも一人なので、以前より責任をもって行動するように自分自身変わったと思います。ただ、自炊に関してはメニューが偏りがちかもしれませんね。毎日自分で作るのも大変なので、スーパーのお惣菜を結構頼りにしています(笑)。
Bさんの写真


本文の先頭へ戻る キャンパスマップの一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る

自宅通学生 Cさんの生活スタイル

 通学は自転車で約20分程度。自宅通学生なので交通費や日常生活のためのお金がまったくかかりません。その分アルバイトなどで貯まったお金はしっかり貯金しつつ、友だちと旅行に行ったりする時などに活用しています。ただ、家が近く自由に行動できる分、時間にルーズになりがちなので、どんな事でも早めに行動するように心がけています。
 大学のある津山は決して大きな町ではありませんが、生活に必要なものは何でもあって便利な町です。特に大学の周辺には飲食店やケーキ屋が多いので、食べ歩きをするのも楽しいと思います。カフェや雑貨屋巡りが私の幸せな休日の過ごし方です。美作大学は先生と学生との距離が近く、とても勉強しやすい雰囲気があります。この美作大学でみなさんも夢に向かって一緒に頑張りましょう!
Cクンの写真


本文の先頭へ戻る キャンパスマップの一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る

学生寮生(白梅寮) Dさんの生活スタイル

 短大の寮は大学のすぐ隣。だから授業の空きコマや暇な時にすぐに帰ることができて便利です。私が寮を選んだ理由は経済的な面もありますが、一人暮らしの前段階としての経験をしてみたかったからです。部屋は基本3人部屋でプライベートな時間の制約もありますが、新学期からすぐに友だちもできますし、寮内みんな仲が良くて毎日ワイワイしています。朝夕の食事の心配もなく、ご飯がとってもおいしいです!
 大学生活は本当に楽しい事がたくさんあります。七夕の浴衣登校やハロウィンイベント、それにいろいろなサークル(私はダンスサークル所属)など、とても充実した毎日になります。受験を乗り越えた先には、楽しいキャンパスライフが待っています! みなさんと会える日を楽しみにしています。
Dさんの写真


本文の先頭へ戻る キャンパスマップの一覧へ戻る カテゴリの一覧へ戻る