食と子どもと福祉! 美作大学 美作大学短期大学部

写真エリア

  • 美作大学生活科学部
  • 美作大学短期大学部
  • 短期大学部専攻科
  • 美作大学大学院
  • 学校施設・機関
  

160.男子バスケットボール部 : 男子バスケットボール部がNAGI CUPに出場しました

掲載日時:2017-05-12 14:41:48

 4月30日、第13回NAGI CUP バスケットボール交流フェスティバルが開催され、男子バスケットボール部が出場しました。
 試合結果は下記の通りです。

《試合結果》
(会場 奈義中学校体育館)
 美作大学 23-6 Team Rebokochio
 美作大学 20-24 奈義クラブ
 美作大学 18-32 46年会
 美作大学 13-28 FLC
 美作大学 37-19 46年会

<男子バスケットボール部より>
 1試合目はみんな動けて、シュート成功率も高く保てました。2試合目は競り合いになった試合にかつことができませんでしたが、良い試合ができたと思います。
 3試合目と4試合目は、流れがつかめなかったりして大量に点を取られる結果となりました。ただ、ディフェンスが強化できれば競り合いに持ち込めたのではないかと思います。
 最後の試合はこの日1回負けた46年会との再戦となりました。出だしからよく動けて、1回目とは逆の得点で勝つことができました。
 全体的にみんなお互いによくコールしてコミュニケーションをとって頑張っていたと思います。津山リーグでは2部に降格してしまったので、再び1部に昇格できるよう、頑張っていきます。

070.女子ソフトボール部 : 女子ソフトボール部が練習試合を行いました

掲載日時:2017-05-11 16:45:12

練習試合 試合結果


【5月1日〜2日】
(会場 環太平洋大学男子グラウンド)
美作 8-3 IPU
IPU 4-0 美作
IPU 1-4 美作
美作 2-1 IPU

○女子ソフトボールより
 今回、守備では、守備でリズムを作り最小失点で抑えること、打撃では狙い球を初球から打ちに行き、送りバントを成功させることを目標に臨みました。
 4試合を通して、捕球ミスや送球ミスで守備のリズムが作れなかった場面がありました。また、バッテリーと野手でもっと連携をとって、守り方を全員でしっかり考えていかないといけないと感じました。打撃では、勝負どころで狙い球を見に行ってしまう場面がありました。また、初球にタイミングが合っていない人もいました。
 守備でも打撃でも、試合に入るまでの準備を意識していきたいと思います。


合宿(九州共立大学) 試合結果

【5月3日〜5月6日】
(会場 九州共立大学グラウンド)
九州共立 1-1 美作
美作 4-3 めんべい
日本文理 1-1 美作
美作 1-3 九州共立
九州共立 6-1 美作
美作 0-1 九州共立
美作 0-0 日本文理
日本文理 2-6 美作
美作 0-0 九州共立

○女子ソフトボールより
 今回、守備では準備を増やして瞬間のコールを出すこと、打撃では狙い球を初球から打ちに行くことを目標に臨みました。
 9試合を通して、チームとしての守り方の統一ができてきましたが、瞬間のコールはまだまだ出すのが遅く、もっと意識して出していかないといけないと感じました。
 打撃では、初球からうちに行けていたと思います。しかし、打たされてしまって淡白な攻撃になってしまうイニングが多くありました。初球を打ちに行く中で、厳しい球を見極めたり、狙い球の打ち損じをなくしていきたいと思います。
 今回の合宿でたくさんの課題が見つかりました。2週間後のインカレ予選に向けて課題を潰していき、チームの雰囲気を上げていきます。

女子ソフトボール部の写真女子ソフトボール部の写真

女子ソフトボール部の写真女子ソフトボール部の写真

070.女子ソフトボール部 : 女子ソフトボール部が全日本総合女子選手権大会岡山県予選会に出場しました

掲載日時:2017-05-11 16:26:50

女子ソフトボール部が第69回全日本総合女子ソフトボール選手権大会岡山県予選会に出場しました。
試合結果は下記の通りです。


【4月29日】
(会場 美咲町中央運動公園野球場)
中国学園 3-10 美作
平林金属 3-1 美作

○女子ソフトボールより
 今回は、守備・打撃ともに練習でやってきたことを、自信を持って出し切ることを目標に臨みました。
 2試合を通して、守備ではたくさん準備をしてきたので、チームとしてとても守りやすかったと感じました。その中で、配給ミスや打ち取った打球の1つのエラーで、負けに繋がることをあらためて感じました。打撃では、チャンスは作れているのに、勝負どころでのあと1本が打てませんでした。また、勝っていても負けていても、自分たちのリズムを崩さず、常に勝っている雰囲気を作っていかないといけないと感じました。
 この大会で次への課題がたくさん見つかりました。全員でその課題を潰していけるように取り組んでいきます。たくさんの応援ありがとうございました。

女子ソフトボール部の写真女子ソフトボール部の写真

女子ソフトボール部の写真女子ソフトボール部の写真

190.バレーボール部 : 女子バレーボール部 中国大学リーグ戦春季大会で3位入賞!

掲載日時:2017-05-10 10:42:28

 4月29日〜30日、女子バレーボール部が第85回中国大学バレーボールリーグ戦春季大会に出場し、3位で大会を終えました。

試合の写真試合の写真
試合の写真試合の写真
試合の写真試合の写真



チャレンジリーグの部
【予選リーグ戦】
美作大学 2-0 県立広島大学
(25-4、25-8)
学生たちがとても頑張り、思ったより楽に勝てました。この結果、予選リーグを突破しました!

【決勝トーナメント1回戦】
美作大学 2-1 島根県立短期大学
(25-15、18-25、25-16)
県立大学の2枚のエースとライトの左利きの選手の能力があり、試合をするまでは勝てないと思っていましたが、作戦のとおり学生たちがゲームを作り、思ったとおりの試合ができました。

【決勝トーナメント2回戦】
美作大学 2-1 安田女子大学
(25-14、19-25、25-17)
このゲームも学生たちが頑張り、接戦を勝利することができました。

【決勝トーナメント準決勝】
美作大学 0-2 山口大学
(6-25、15-17)
昨年度2部で試合をしていた第1シードの山口大学と試合を行いました。相手の威圧に押され、自分たちのプレーが出来ず第一セットが終わりました。2セット目に入り、出足は悪かったものの、途中から美作のバレーをすることが出来ました。その後は、面白いゲームができました。

 
結果 第3位

2日間を通して

4回生が2名引退し、春休みで練習不足でしたが、昨年度の秋季リーグ戦よりいい内容で、楽しい戦いができました。5月末日に開催される中四国大会に向け、頑張っていきます!

310.食品ロス削減・フードバンク : 食品ロス削減サークルが農林水産省 食育活動表彰 消費・安全局長賞を受賞しました

掲載日時:2017-04-28 10:23:36

フードドライブの写真


 4月27日、農林水産省が実施する平成29年度「第1回食育活動表彰」の受賞者が発表され、本学の食品ロス削減サークルがボランティア部門の消費・安全局長賞を受賞しました。


 食育活動表彰は、ボランティア活動や教育活動、農林漁業、食品製造・販売等の食育関係者の取組を対象として、その功績を称えるとともに、その取組の内容を広く国民に周知し、食育を推進する優れた取組が全国に展開されていくことを目的として実施されています。

岡山グルメフェスティバルの写真「食を大切にする津山」シンポジウムの写真

 食品ロス削減サークルは、食べられずに廃棄される食品を減らす食品ロス削減活動をNPO法人フードバンク岡山と共同で行い、各地のイベントへ出展しての普及啓発活動や、フードドライブなど精力的に活動しています。


 これらの活動で集められた食品は、フードバンク岡山を通じて生活困窮者などへ配布される他、食品ロス削減サークルが主催する地域の高齢者を対象としたぽかぽか食堂や、フードバンク岡山と協力して運営している子ども食堂などで提供しています。今回、これらの活動による食品ロス削減と、地域への食品ロスの状況とその普及啓発活動の実績が認められ、消費・安全局長賞に選出されました。


 サークル長の島田月帆さん(食物学科2年)は今回の受賞を受けて、「こんな大きな賞をいただいて、とても嬉しいです。いろいろな方と協力して地道にやってきたことが認められたのだと思うので、これからももっと多くの人に食品ロスについて知ってもらえるように頑張っていきたいと思います」と今後一層、食品ロス削減に取り組んでいく意気込みを強くしていました。


 食品ロス削減サークルは、6月30日に「第12回食育推進全国大会inおかやま」内にて行われる表彰式に出席いたします。

270.ウエイトリフティングサークル : 宗森裕紀菜さんが大会新記録を樹立して優勝しました

掲載日時:2017-04-19 11:11:13

 4月16日に行われた岡山県ウェイトリフティング競技春季大会で、ウェイトリフティングサークルの宗森裕紀菜さんが大会新記録を樹立して優勝しました。

大会の写真大会の写真

-------------------------------
会場 倉敷ウェイトリフティング場
出場選手 宗森裕紀菜さん(児童学科2年・勝間田高校出身)

◆一般の部(58kg級)
Snatch 64kg(大会新)
Clean&Jerk 84kg(大会新)
Total 148kg(大会新)
-------------------------------

【宗森さんより】
今回の試合は、Snatch、Clean&Jerk、Totalのすべてで自己新記録を出すことができ、とても嬉しいです。春休みに思いっきり練習できたことが結果に結びついたと思います。これからも練習を頑張りたいと改めて思いました。

050.高知県人会 : 高知県人会 勝央町万福寺の祭りでよさこいを披露しました

掲載日時:2017-04-18 14:49:23

高知県人会の写真

【高知県人会より】

 4月2日、勝央町の鳥羽万福寺で行われた祭りのステージでよさこいを踊りました。
16年に1度のお祭りということで盛大に開催されており、大勢の方によさこいを披露することができました。

 勝央町周辺で、よさこい演舞の依頼を受けることが多いので、来場されていた地域の方に「美作大学の高知県人会」と覚えていただいていました。地域の方にたくさん声をかけていただき、とてもうれしかったです。

これからも、地域の中で元気によさこいを踊っていきたと思います!

070.女子ソフトボール部 : 女子ソフトボール部 君が主役杯ソフトボール親善大会等試合結果

掲載日時:2017-04-18 09:01:45

女子ソフトボール部 君が主役杯ソフトボール大会 試合結果


【4月8日〜9日】
(会場 尾道市御調ソフトボール球場)
甲賀 3-2 美作
大阪トエニーフォー 7-3 美作
MSH 2-1 美作
美作 4-1 アイクラブ
美作 8-4 福岡

 守備ではバッテリーと守備で連携をとり最少失点に抑えること、攻撃では狙い球を初球からフルスイングすることと、サインプレーでランナーと意思を合わせることを目標に試合に臨みました。
 5試合を通して点を取った次の回を大事にするという意識はありましたが、守備の中で守りに入ってしまい逆転される部分がありました。表裏の流れを感じて、チームで守り方を統一して、守備の中でも攻めていけるようにしたいと思います。


合宿 試合結果

【3月31日〜4月2日】
(会場 大阪大谷大学グラウンド)
美作 1-3 松本
大阪青山 2-0 美作
大阪大谷 5-6 美作
大阪大谷 3-0 美作
美作 1-2 大成学院
美作 1-18 大阪大谷

 3月31日〜4月2日に大阪大谷大学で合宿を行いました。
 課題として、試合に備えて体の準備をしっかりしていくことと、守備でアウトの質をあげていくことがでてきました。
 個人のレベルをあげる中で、チームで徹底していることもしっかりやりきれるよう、今後、さらに練習に励みたいと思います。

070.女子ソフトボール部 : 女子ソフトボール部が熊本地震の復興支援活動を続けています

掲載日時:2017-04-12 10:10:08

 女子ソフトボール部は昨年4月に発生した熊本地震の復興支援活動として、募金や現地でのボランティア活動などを積極的に行っています。


 日々ニュースなどで伝えられる被災地の状況を見聞きした部員たちが、「被災地で困っている人たちの力になってあげたい」「自分たちができることが何かないか」と自然に思うようになり、自主的に大学のボランティアセンターなどに相談して活動を始めました。

女子ソフトボール部の写真


 8月に九州で開催された全日本大学ソフトボール選手権大会出場後にそのまま被災地を訪れてボランティア活動を行ったことを皮切りに、学内募金活動やソフトボール教室での募金活動、チャリティーマーケットや白梅祭での出店などで義援金を募りました。

女子ソフトボール部の写真


 さらに、もっと被災地へ元気を届けてあげたいと、現地での合宿と子ども向けのソフトボール教室を今年2月に企画しました。残念ながらソフトボール教室は諸般の事情により中止となりましたが、合宿には訪れることができました。

女子ソフトボール部の写真


 2月17〜19日に行った合宿へは、部員全員が応援の気持ちを込めて一つひとつメッセージを寄せ書きした旗を、集めた義援金と一緒に現地へ持参しました。今後の被災地復興のお役に立てていただくため、今回一緒に合宿を行った熊本学園大学ソフトボール部に託してまいりました。この寄せ書きをした旗は、ボランティア活動や義援金だけでなく、何か被災地の皆さんの気持ちを少しでも元気づける力になりたいと部員が一緒に考え、その気持ちを伝えようと作ったものです。

 寄せ書きは女子ソフトボール部員だけでなく、もっと多くの方々の気持ちを伝えたいと、チャリティーマーケットに訪れた皆さんにもメッセージを寄せていただきました。「少しでも早くもとの生活に戻れますように!」「遠くからだけど応援しています」「熊本のみなさんの笑顔が戻るよう願っています」など、温かいメッセージがたくさん寄せられました。

女子ソフトボール部の写真


 熊本学園大学ソフトボール部とは交流試合を行うなどして学生同士の交流も深め、今回やむなく中止となったソフトボール教室を、来年こそ開催することを誓いました。熊本学園大学には、毎年10月に美作大学女子ソフトボール部が主催している岡山近県ソフトボール大会に参加いただいており、今後も交流を続けてまいりたいと思います。

 またこの他にも、8月のボランティア活動で瓦礫撤去作業を行ったお宅と女子ソフトボール部は現在も連絡を取り合っており、熊本と津山で人と人とのつながりを持ち続けていけるよう心がけていきたいと考えています。

070.女子ソフトボール部 : 女子ソフトボール部が練習試合を行いました

掲載日時:2017-03-14 12:56:41

 女子ソフトボール部が練習試合を行いました。
 試合結果は下記の通りです。

【3月6日】
(会場 奈良文化女子短期大学グラウンド)
奈良文化 3-0 美作
奈良文化 8-4 美作
美作 1-4 奈良文化
美作 2-4 奈良文化

○女子ソフトボールより
 今回、守備では連携を取り、打ち取った打球をアウトにして7イニングを守りきること、攻撃では送りバントの質にこだわって、打席の中でフルスイングすることを目標に臨みました。
 4試合を通して、打ち取った打球のエラーが多かったり、ねばれるところでねばり切れなかったり、カバーリングができていなかったりしていて、ほとんどが無駄な失点でした。
 7イニングを守りきるために、後半にかけて声が少なくなるところが自分たちの集中力がない1番悪いところであり、もっと試合の流れやイニング毎の表裏を感じていかないといけないと思います。
 攻撃では、フルスイングという課題には取り組めていました。しかし、狙い球に対してフルスイングをかけることができず、特にフライが多い試合でした。狙い球に対してフルスイングをかけていけるよう、練習に取り組んでいきます。


【3月9日】
(会場 大阪体育大学グラウンド)
大阪体育大学 1-8 美作
美作 11-5 大阪体育大学

○女子ソフトボールより
 今回守備では、先頭バッターを意識して7イニング守りきること、攻撃では狙い玉に対してフルスイングすることと、ランナーとバッターの意思を合わせて送りバントを成功させることを目標に臨みました。
 2試合を通して、先頭バッターに対する意識がだいぶ上がってきましたが、まだ簡単にヒットを打たれてしまったり、打ち取った打球をアウトにできなかった場面がありました。意識をしているからこそ、もっと先頭バッターをどうやってアウトにとるかを考えていきます。
 攻撃では、狙い球に対してスイングをかけられているイニングもありました。しかし、やりきれていないイニングもたくさんありました。また、今回は送りバントのミスが多くありました。結果は関係なく、チームで徹底していることをやりきれていない時は、チームの流れが悪くなってしまうと感じました。常に目標とする相手を意識し、守備でも攻撃でも自分たち自身が7イニングをやりきるために、練習から厳しさをもってやっていきます。

« 1 (2) 3 4 5 ... 94 »