食と子どもと福祉! 美作大学 美作大学短期大学部

写真エリア

  • 美作大学生活科学部
  • 美作大学短期大学部
  • 短期大学部専攻科
  • 美作大学大学院
  • 学校施設・機関

現在位置 : トップ【卒業生コンテンツ】美作大学短期大学部同窓会 > トピックス

美作大学短期大学部同窓会 トピックス

新着情報 : [食物・栄養]短大卒業で管理栄養士の土居さんが、厚生労働大臣賞を受賞

掲載日時:2014-02-01 12:05:27

美作大学短期大学部卒業で管理栄養士の土居さんが、厚生労働大臣賞を受賞しました


このたび、本学の卒業生で、管理栄養士の土居 匡子さんが、昨年秋に、厚生労働大臣表彰を受賞しました。

おめでとうございます。

長年にわたる栄養に関する管理、指導でこのたび受賞となりました
土居さんの写真
土居さんは、美作短期大学家政科(食物課程、栄養士課程)を昭和40年3月に卒業されました。

そして卒業と同時に、開学2年目の津山工業高等専門学校に就職し、学生寮の栄養士として専属勤務。食事、栄養管理について、長年指導されてきました。

高専では、よきお母さんとして親しまれ、また、地域で栄養士会に所属し、広く活躍され、これらのことを評価され、受賞となりました。


先輩が切り開いた「みまさかの栄養士」
表彰状の写真
土居さんの卒業した短期大学家政科は昭和29年(1951年)に設置、現在では美作大学短期大学部栄養学科として、その歴史を積み重ねて現在までに至っています。

栄養士を養成する大学として岡山県下でもっとも歴史ある本学栄養学科。先輩たちの活躍という大きな支えがあったからこそだと感じます。

それは、初期から専門家を育てるといった使命で教鞭(きょうべん)をとられた先生方、資格をとり専門職に就くという意識の高い学生たちが切り開いた道でもありました。

土居さんもそのひとりで、生まれ育った土地で、栄養士になるという高い志をもって本学で学び、卒業後は地域に貢献してきました。

土居さんは自分の経験を振り返り、こう言います。
「学校で学んだことは必ず役に立つ。」

そして、その中で出来た友だちや先生とのパイプは、なにものにも変え難い大切なものだと感じているそうです。

在学生のみなさんもぜひあとに続き、地域で活躍してくれること、願っています。



暮らしを支える先輩たち
土居さんの写真
取材では、土居さんとは美作大学キャンパス内でお会いし、当時の思い出も聞かせていただきました。

この私たちの暮らしを支えてきてくれた先輩の貴重なお話、盛りだくさんでしたので、あらためて特集を組み、別記事を前、後編と2回にわたって掲載します。

どうぞ楽しみにしてください。

このたびの厚生労働大臣表彰の受賞、本当におめでとうございます。
本文の先頭へ戻るキャンパスマップの一覧へ戻るカテゴリの一覧へ戻る