食と子どもと福祉! 美作大学 美作大学短期大学部

写真エリア

  • 美作大学生活科学部
  • 美作大学短期大学部
  • 短期大学部専攻科
  • 美作大学大学院
  • 学校施設・機関

現在位置 : トップ > 新着情報ピックアップ

ここから本文

新着情報ピックアップ

  

学校情報 : 食物・栄養・社会福祉学科が栄養管理と経腸栄養に関する合同特別講義を行いました

掲載日時:2017-06-28 19:12:10

合同特別講義の写真


6月20日、医療や介護の現場で現在実施されている栄養管理について学ぶため、食物学科4年生と栄養学科2年生、社会福祉学科4年生を対象とした合同特別講義が行われました。
講師にネスレ日本株式会社ネスレヘルスサイエンスカンパニー中・四国支店でエリア長を務める占部博也氏をお招きし、医療現場で行われている最新の栄養管理と経腸栄養についてお話いただきました。

受講する学生は、いずれも1年後には管理栄養士として、または栄養士、社会福祉士としてそれぞれの現場で働くことになります。病院で栄養指導をする管理栄養士として、または利用者と病院をつなぐ社会福祉士として、それぞれ自分が思い描く職業人として働く姿に照らし合わせながら、占部氏が説明する、日々いろいろな患者や利用者と向き合っている現在の現場で実践されている方法や、理論、考え方を吸収しようと、真剣な眼差しで講義を聞いていました。

占部氏は講義の最後、学生に「これからの栄養士は、投薬治療ではない栄養療法による治療を広めていく存在になって欲しい」とメッセージを贈られました。

合同特別講義の写真合同特別講義の写真

占部氏による講義の後、看護師の実務経験を持つ本学専攻科の若林講師による経腸栄養の実演講義が行われました。実際の器具を触っての操作体験では、栄養剤を投与するライン(管)や患者との接続部分の状態など、特に注意するよう説明された箇所や、器具のどこを操作すればどのように動きが変わるのか、将来自分たちが協働する医療スタッフの取り組みを理解できるように、その感触や変化をしっかりと観察していました。

学校情報 : 専攻科が介護・福祉のお仕事セミナー(専攻科進学説明会)を開催しました

掲載日時:2017-06-28 09:17:49

介護・福祉のお仕事セミナーの写真
 6月24日(土)、津山鶴山ホテルにおいて、専攻科が介護・福祉のお仕事セミナー(専攻科進学説明会)を開催しました。この会では、専攻科を卒業し介護福祉施設に勤務する卒業生が介護の魅力ややりがいについて参加者にお話ししました。岡山県の福祉・介護人材参入促進事業の一環として、生徒、学生やその保護者をはじめ、広く地域住民の皆さんに向けて、福祉・介護サービスの重要性の理解を深めることを目的に、今年度初めて開催しました。


介護・福祉のお仕事セミナーの写真
卒業生の小瀧功介さん(専攻科7期生:特別養護老人ホームのどか勤務)


介護・福祉のお仕事セミナーの写真
卒業生の永禮緑さん(専攻科1期生:特別養護老人ホーム ミ・カサ勤務)




 この中で、卒業生の小瀧功介さんは介護福祉士の仕事の魅力として、「利用者の人生の最期を心からよかったと言ってもらえるよう手助けができること」、「ケアマネジャーや実習指導者などキャリアアップが確実にできること」と述べました。また保育士と介護福祉士の両方の資格を取得することの意義について、「結婚前、結婚後の子育て時期と自分のライフステージに合わせて、仕事が選べること」と実体験を通して、今現在の充実した仕事ぶりや私生活を話されました。
 後半の質問コーナーでは、参加者の方から活発な意見交換が行われ、有意義な時間になりました。


 次回は12月17日に開催予定です。介護に興味のある方は、是非ご参加下さい。

学校情報 : 第1回美作学講座を開講しました

掲載日時:2017-06-27 19:55:49

美作学講座の写真


6月18日、美作学講座の第1回講座を開講いたしました。
本講座は、津山市と締結している包括連携協定に基づいて、津山市教育委員会と共同で毎年開講しているものです。美作地域に関する様々な研究に携わる研究者の方々が登壇して歴史や文化について語っていただいており、毎回多くの受講者が訪れています。

第1回は『源平内乱と美作国 −栄華・没落、そして残影』と題して、蒜山郷土博物館の前原茂雄氏に登壇いただき、平安時代に勃発した源平合戦に美作国がどのように関わり、影響を受けたのかお話いただきました。

今年度の美作学講座は全4回を予定しております。予約不要でどなたでも受講できますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

学校情報 : 図書館支援学生交流会が開催されました

掲載日時:2017-06-26 11:13:02

6月24日(土)、津山工業高等専門学校図書館に於いて、第6回となる図書館支援学生交流会が開催されました。
この会は、津山工業高等専門学校、岡山県立津山高等学校、美作大学、それぞれの図書館支援団体の交流を図る会で、毎年1回開催されており、今年で6回目となります。


詳細は図書館のページをご覧ください。
http://mimasaka.jp/library/modules/news2/article.php?storyid=89

学校情報 : 8月・9月に美作大学公開講座「おいでんせぇ〜哲学カフェへ」を開催します

掲載日時:2017-06-26 10:36:21

平成29年度 美作大学公開講座
『おいでんせぇ〜 哲学カフェへ』       
〜〜素朴な疑問を より深く考えてみよう!〜〜






美作大学公開講座は、美作大学と美作大学短期大学部が、地域・社会に開かれた大学を目指して、毎年、開催している講座でどなたでも参加頂けます。


概要

「日頃の素朴な疑問」をテーマに取り上げながら、それを様々な視点から眺め、より本質的な理解を深める「手がかり」を学びます。

テーマに沿った基調提案を講師から聞いた後、カフェ形式(飲物・お菓子)で参加者がテーマに関連するディスカッションを楽しめるスタイルとなっています。


参加資格:一般市民の方ならどなたでも参加できます
定員:30名(応募多数の場合は抽選することもあります)
受講料:無料
会場:美作大学(津山市北園町50)内 教室
後援:津山市教育委員会



講師

美作大学短期大学部 教授
横川 知之(よこがわ ともゆき)

横川先生の写真


■大学での担当科目
「日本語リテラシー」
「国語概論」
「国語科教育法」

■著作
『ダメな時には諦めろ』
『日本語リテラシー』
『どっこい』等あり 



日程と内容

■第1回目 『人間にとって言葉とは?』
日時:8月19日(土) 10:00〜12:00

人間の特質、「二足歩行する」「道具を使う」「火を使う」「言葉を話す」から、人間にとって言葉がどのような意味を持っているのかを、深く考える。

※この講座の受講スタイルや考え方に関するガイダンスがありますので、1回目にはなるべくご参加ください。

■第2回目 『人間は言葉で世界を捉える?』
日時:8月26日(土) 10:00〜12:00

私たちの見たり聞いたりする世界は、私たちが言葉で捉えた世界である。つまり、多くの言葉を持っている人の方が、より豊かな世界を受け止められるのである。

■第3回目 『言葉の解釈・鑑賞とは?』
日時:9月9日(土) 10:00〜12:00

作品を深く味わうことは、物事の多様性をより深く知ることに繋がる。そして、物事が多様な視点で捉えられるようになると、生活が豊かになる。


■第4回目 『学校カリキュラムの意味は?』
日時:9月16日(土) 10:00〜12:00

学校のカリキュラムは、古代人の試行錯誤の上から作られている。それを歴史的に振り返りながら、カリキュラムが持つ本来の意味を問い直す。


■第5回目 『組織はなぜ堕落するのか?』
日時:9月30日(土) 10:00〜12:00

「なぜ、一流企業に世界を揺るがす問題がはびこるのか?」 じつは、組織は放って置けば、自然増殖を繰り返し、それが堕落への道を招聘する。


申し込み方法


申込書
内の必要事項を明記の上、下記申込先にFAX、メール、お電話でお申込みください。
申込締切は8月6日(日)です。



【申込先】
美作大学 総務課内 公開講座係
TEL: 0868-22-7718
FAX: 0868-23-6936 
メール:soumu@mimasaka.ac.jp (@を@に置き換えて送信してください)


<受講申込書の個人情報は、公開講座関係のみに使用を限定し、厳重に管理運営いたします。>


お問い合わせ

美作大学 総務課内 公開講座係(〒708-8511 津山市北園町50)
TEL: 0868-22-7718
FAX: 0868-23-6936 

学校情報 : 社会福祉学科「上山で学ぼ♪地域の輪」グループが、「CSR 棚田再生プロジェクト」に参加してきました

掲載日時:2017-06-25 17:18:39

 社会福祉学科の自主ゼミ「上山で学ぼ♪地域の輪」のグループが、6月25日に美作市上山にて開催された「住友ゴム工業株式会社の棚田再生プロジェクト」(ダンロップ主催)に参加しました。

 美作市上山は、地域おこし協力隊や若者が多数移住しており、棚田再生だけでなく、若者と地元住民、さらに企業との協働による地域再生の実践的な取組みが注目されています。「上山集楽」の方々とは、同グループが、その取り組みを学ぶため、3年前から交流を続けています。ダンロップとは、昨年の上山夏祭りの出店でご一緒したことがきっかけで、今回のイベントに協力団体として「上山で学ぼ♪地域の輪」グループをお誘いいただきました。

 まずは棚田再生に向けて、英田上山棚田団の指導により田植え作業を開始し、続いて、チームに分かれてのどろんこ綱引き大会に出場しました。お昼は特製のホルモンうどんとカレーが振る舞われ、あっという間に1日が過ぎていきました。

 ソーシャルワークは、生活者に寄り添う支援が求められます。その地域にどんな課題があるのかは、その地域に住む人たち、関係する人たちの生活を理解することから始まります。互いに汗を流し、互いに泥んこになることで、会議の場や相談室の中では作り出せない、人との関係性、信頼性を深められたことでしょう。

棚田再生プロジェクトの写真棚田再生プロジェクトの写真

棚田再生プロジェクトの写真棚田再生プロジェクトの写真

棚田再生プロジェクトの写真棚田再生プロジェクトの写真

学校情報 : 農業と福祉の融合イベントでリカイヒロメタインジャーが公演を行いました

掲載日時:2017-06-25 16:58:17

 農業と福祉の融合イベント“ノウフク野外マルシェ”が6月4日、岡山駅前で開かれ、美作福祉部隊リカイヒロメタインジャー(以下リカヒロ)が障がいのある人への理解を深める劇の公演を行いました。
 このイベントは、障がいのある人が作った農作物や農産加工品等を広くPRすることを目的に開催されるもので、リカヒロは、障がい理解の啓発活動をしている縁でこのイベントに参加しました。
劇の写真劇の写真


【リカヒロの代表:石川 絵里さんから(社会福祉学科4年)】
 リカヒロは「障がいがあってもえぇがん」をモットーに活動する社会福祉学科のプロジェクトチームです。
 当日は、「自閉症」の行動特性について、小さい子どもでもわかるように工夫した劇を、午前と午後に2公演行いました。劇のテーマは「みんなちがってみんないい」です。歌やダンスを交えた劇は、集まったみなさんに楽しみながら見ていただきました。また、高校生や大学生のイベントボランティアの方も、興味を持って見てくれました。
 公演の後、劇を見た聴覚障がいあるの当事者から「障がいのことが、みんなにわかるような劇をしてくれていて、とてもうれしい」ということばをいただきました。私たちの活動が、当事者からも喜ばれる活動となっていて、とてもうれしかったです。
=====================================
ミマッパちゃんが駅周辺を歩く写真

 美作学園公式キャラクターのミマッパちゃんも当日の応援にかけつけ、岡山駅を行きかう皆さまとふれあいました。ミマッパちゃんの岡山駅進出は初めてです。

学校情報 : 気軽に英語を楽しむ会「After School English」で留学生と交流しました

掲載日時:2017-06-22 16:41:29

After School Englishの写真


 6月14日、放課後に日常会話やゲームなどを通して英語を楽しむAfter School Englishが本学のバーベキューコーナーにて行われました。After School Englishは通常、津山高専で行われていますが、包括連携協定を締結する本学との相互交流の一環として、今回は美作大学を舞台に開催されました。参加者はゲームやバーベキューをしながら英語で交流して親睦を深めました。

After School Englishの写真After School Englishの写真

 本学と津山高専の学生や留学生、教職員に加えて、今回は岡山大学から8名の留学生が参加し、38名での催しとなりました。

After School Englishの写真


 美作大学の学生は最初は会話も控えめでしたが、自然にお互いのことを紹介し合えるように工夫されたゲームや、気さくに話しかけてくれる留学生の明るくユニークな雰囲気のお陰ですぐに打ち解け、好きな食べ物やアニメ、日本や津山の話で盛り上がっていました。授業以外ではなかなか使う機会がない英語に苦戦している学生もいましたが、留学生や他の学生にフォローしてもらいながら、がんばって話をしていました。

After School Englishの写真After School Englishの写真

 バーベキューも一段落すると、そこかしこで留学生と一緒に写真を撮ったり、連絡先を交換し合ったりなどして、国籍や人種の分け隔てなく友だちとなっていました。今後も連絡を取り合う約束をしている学生もおり、地域だけでなくその枠を超えた活動を見据えているようでした。

After School Englishの写真After School Englishの写真

学校情報 : 四天王寺大学より教職員の皆様が社会福祉学科の視察に来学されました

掲載日時:2017-06-19 20:49:03

視察の様子の写真


 5月22日、大阪府の四天王寺大学から教職員の皆様が来学され、本学の社会福祉学科を視察されました。
今回、四天王寺大学からは人文社会学部人間福祉学科を中心に5名の視察団の皆様が、教育体制を今後さらに強化するために、地域の課題解決や地域づくりの活動を通して地域とともに育った福祉人材の育成を行っている本学の社会福祉学科を視察されました。

 社会福祉学科からは、「地域に学び、地域とともに育つ」を合言葉に、現場を重視した専門教育を始めとして、学生が主体となって地域へ出て行って取り組んでいる様々な活動や、それらに教員がどのように向き合って指導しているかについてご説明しました。その中で、各地で障がい者への理解を深めてもらう劇などを行っている「美作福祉部隊リカイヒロメタインジャー」や、津山市内の高齢化が進む地区で高齢者と子ども世代の交流を進めている「じ・ば・子のおうち」など、現在社会福祉学科が取り組んでいる地域活動についてご紹介しました。
 現場経験が豊富な社会福祉学科の教員が、自ら考えて行動し経験することで学ぶことができるということを学生たちに伝え、その考えに応えるように学生たちも積極的に地域の中に入って活動している点、さらに教員全員でその活動の手助けや支援をしていることなどについて、視察団の教職員の方々は特に関心を示されていました。

 また、高い合格率を上げている社会福祉士国家試験に対する取組みについてもご紹介しました。学生が地域の中で自ら考え行動することで、学生自身が成長して意欲が高まっていくことに加え、現場で直面した課題や出来事の経験、そして教員の指導を通して、卒業後に地域で活動するために必要な知識やその重要性を強く実感しているため、国家試験に対しても学生は自然に高い意識をもって、自ら進んでその勉強に打ち込んでいきます。勉強方法などで迷った学生には、地域活動などで学生と一緒に多くの時間を過ごしてきた教員が、合格の先にある将来の目標や、個性に合わせた勉強の進め方をアドバイスしています。
 四天王寺大学は精神保健福祉士国家試験などで高い合格率を維持されていますが、それらの取組みとはまた違った本学教員や学生の姿勢に、視察団の皆様はとても驚かれたご様子でした。

視察の様子の写真


 説明の後、社会福祉学科の授業や研究室を見学いただきました。研究室ではちょうど学生が試験勉強や地域活動の準備などを行っており、教員と学生が一緒の空間で活動している様子をご覧いただきました。

 視察の間、説明や見学の合間に様々なご質問をいただきました。都会とは違う地方ならではのアプローチで取組む本学の教育をどのように取り入れていくか、視察団の皆様は終始真剣なご様子でおられました。また、本学としても、そのような視線を向けられる存在として、さらに精進しなければならないことを再認識いたしました。
 今回、四天王寺大学での取組みについてもお聞きし、地域社会で役立つ社会福祉士の養成に携わる学科として互いに成長していきたいとの思いを共有でき、本学にとっても実りある一日となりました。

学校情報 : 7月30日にオペラ「ヘンゼルとグレーテル」が上演されます

掲載日時:2017-06-19 20:02:22

津山国際音楽祭協賛事業 オペラ ヘンゼルとグレーテル 全3幕



7月30日に、オペラ「ヘンゼルとグレーテル」が上演されます。
このオペラには、本学の非常勤教員 鳥越由美先生と鈴木雪絵先生が出演します。




【イベント】津山国際音楽祭協賛事業 オペラ ヘンゼルとグレーテル 全3幕(フンパーディンク作曲 原語上演 ナレーション付き)
【場所】ベルフォーレ津山(アルネ津山7F)
【日時】平成29年7月30日(日曜日)13時30分 開場 14時00分 開演
【主催】Come prima(コーメプリマ)04/音楽文化ホール・ベルフォーレ津山
【後援】美作大学・美作大学短期大学部/津山市/津山市教育委員会/津山文化振興財団/くらしき作陽大学鶴声会/山陽新聞社/津山朝日新聞社/テレビ津山/ピアノ工房アムズ/財団法人十字屋教育財団/津山バスティン研究会/(株)あうる
【料金】前売り券 一般3,000円(当日3,500円) 学生[高校生以下]1,500円(当日2,000円)、親子券4,000円(当日4,500円)未就学児無料
【プレイガイド】 音楽文化ホール・ベルフォーレ津山/津山文化センター/ピアノ工房アムズ/真庭市久世エスパスセンター
【お問い合わせ先】音楽文化ホール・ベルフォーレ津山 TEL0868-31-2525 ※前売り券予約可





鳥越由美先生から学生のみなさんにメッセージが届いています。

鳥越由美先生からのメッセージ

出演者の伊地知宏幸さんは海外でも活躍されている方です。
そのため、このオペラでは本場の空気を味わうことができると思います。

また、オペラ鑑賞は、保育の分野に進む学生にとって、勉強になると思います。

ぜひ足を運んでみてください。
(1) 2 3 4 ... 75 »
本文の先頭へ戻る新着情報ピックアップの一覧へ戻るカテゴリの一覧へ戻る