食と子どもと福祉! 美作大学 美作大学短期大学部

写真エリア

  • 美作大学生活科学部
  • 美作大学短期大学部
  • 短期大学部専攻科
  • 美作大学大学院
  • 学校施設・機関

現在位置 : トップ【教育施設・研究機関】地域生活科学研究所 > トピックス

[社会福祉学科]福祉とアートのシンポジウム「シアワセナラ テヲ タタコウ」に参加(10/6)

掲載日時:2013-10-08 12:33:31

社会福祉学科の学生が福祉とアートのシンポジウムに参加


福祉とアートのシンポジウムの写真平成25年10月6日(日)、本学にて第11回おかやま県民文化祭地域フェスティバル事業『美つくりの里・旅するアート2013』協働企画「シアワセナラ テヲ タタコウ 〜アートに見る 幸せのカタチ〜」(主催:美作大学地域生活科学研究所、共催:たんぽぽねっと、美つくりの里・旅するアート実行委員会)が行われました。


福祉とアートのシンポジウム「シアワセナラ テヲ タタコウ 〜アートに見る 幸せのカタチ〜」

9月〜11月、岡山県では「第11回おかやま県民文化祭」が開催されています。

その地域フェスティバル事業として、岡山県北では、本学のある津山市を含む美作地方(美作国:みまさかのくに)が今年建国1300年を迎えたことから、この歴史的な節目にちなみ、展覧会などを通じて津山・美作の歴史を知ると同時に地域の未来の可能性を感じてもらう機会にしようと、「美つくりの里・旅するアート2013」を開催。
“アートがナビゲートする美作国の時間旅行”をテーマとした現代アート作家による作品展などが行われています。

そしてその事業の一つである「シアワセナラ テヲ タタコウ 〜アートに見る 幸せのカタチ〜」障がい者アーティストの作品をテーマにした福祉とアートのシンポジウムで、それぞれの分野からシンポジストをお招きして、“アート”を色々な角度から考え、“アート”を見る場を提供していただき、参加者のみなさんに“アート”を感じてもらう。そして、“アート”を通して福祉への理解を深めてもらおうというものです。

当日は、児童学科 森本太郎教授(地域生活科学研究所長)、栄養学科 桑守正範教授(副所長)、幼児教育学科 中田稔准教授、社会福祉学科 薬師寺明子准教授、社会福祉学科の学生有志18名、福祉・教育・アートの関係者や一般市民の方が参加しました。

福祉とアートのシンポジウムの写真演壇には、障がい者アーティストや障がい者福祉に携わっている方等の計6名のシンポジストとコーディネーターが並び、一人15分ずつ活動内容やそれぞれの視点からの“アートとは何か”、“人の幸せとは何か”等をお話しいただきました。

また、障がい者アーティストの実際の制作課程を皆さんに見てもらおうと、シンポジウムの隣では、NPO法人灯心会アーティスト神楽谷さんによるライブペイントが行われました。

福祉とアートのシンポジウムの写真神楽谷さんは、水性の樹脂塗料を指につけ、俵屋宗達の「風神雷神図」を現代風にアレンジしたものを全て指で描いていきました。

障がい者アーティストは、“描くことが好き・描くことが楽しい”という気持ちが原点にあるので、没頭して作品を描く姿はとてもイキイキとしています。

神楽谷さんが絵を描いている約一時間、学生たちは、描かれる作品だけでなく、神楽谷さんの描く姿や表情にも心を打たれたようです。


シンポジウムの後はシンポジストと参加者の交流会が行われました。
将来社会福祉士をめざす社会福祉学科の学生たちからは、自分の将来と今回のシンポジウムでのお話を重ね合わせ、「福祉の現場で支援をするにはどういうところが難しいか?」、「障がい者とどのように向き合っているか?」等の質問が相次ぎました。

今回のシンポジウムは、実際に障がい者アーティストや障がい者支援をしている方と触れ合うことで、学生一人一人が「アートとは何か?」、「福祉におけるアートの意味や効用は?」等、アートと福祉の関係について具体的に考え、さまざまなことを感じる機会となりました。


『来ん?店舗ラリー』は10/20(日)まで開催しています。

地域フェスティバル事業のもう一つの企画として『来ん?店舗ラリー』が現在行われています。
これは、美つくりの里・旅するアート実行委員会と、県北で障がい者福祉に携わっている方で構成される“たんぽぽねっと”が協働で行う「障がい者とアート」をテーマとした展覧会事業であり、津山市の飲食店や菓子店を会場として、障がいをもつ人たちのアート作品を展示・販売するものです。

お店を通じて、お客様がアートへの取り組みを通じた福祉事業の可能性について知り、お客様と福祉施設が繋がりやすくなることを目的としています。

「7/29本学で行われた『来ん?店舗ラリー』にかかる店舗と作品のお見合い会」の様子

たんぽぽねっと:障がい者福祉に携わる支援員同士が施設を飛び越えた横の繋がりを築く会。本学でも月に一度、社会福祉学科 薬師寺准教授がたんぽぽねっとの方を招いて勉強会を実施しており、多数の学生が参加しています。)

『来ん?店舗ラリー』は10月20日(日)までの間、本学周辺の店舗で行われています。
みなさんもぜひ足を運んでみてください。