食と子どもと福祉! 美作大学 美作大学短期大学部

写真エリア

  • 美作大学生活科学部
  • 美作大学短期大学部
  • 短期大学部専攻科
  • 美作大学大学院
  • 学校施設・機関

現在位置 : トップ【教育施設・研究機関】地域生活科学研究所 > トピックス

ここから本文

地域生活科学研究所 トピックス

  

5月13日に地域生活科学研究所の公開研究報告会を行います

掲載日時:2017-04-17 15:18:34

公開研究報告会のお知らせ


  美作大学・美作大学短期大学部では、地域とともに育つ高等教育機関として、地域生活科学研究所が中心となり、地域課題解決に資する学修・研究活動を行っています。地域貢献・地域に還元という意味で、また大学を理解していただく目的で、次のとおり公開研究報告会を実施します。
 是非、聴講いただければと思います。

開催概要

【開催日時】
 平成29年5月13日(土)午後1時〜

【開催場所】
 美作大学(津山市北園町50) 5号館2階 525教室

主催

美作大学・美作大学短期大学部 地域生活科学研究所

後援

津山市教育委員会

申込み先・問い合わせ先

 美作大学 総務課
 TEL:0868-22-7718 
 e-Mail: soumu@mimasaka.ac.jp (@を@に置き換えて送信してください)

※学外の方で、聴講を希望される方は、上記問い合わせ先まで電話かメールでお申込みください。

公開研究報告会を開催しました

掲載日時:2016-05-30 17:41:52

 地域生活科学研究所が5月9日と13日、昨年度助成金を給付した研究テーマの公開研究報告会を開き、本学の教員が研究の成果を発表しました。

本学では、地域とともに育つ高等教育機関として、地域生活科学研究所が中心となり、地域課題解決に資する学修・研究活動を行っています。地域貢献・地域に還元という意味で、また大学を理解していただく目的で公開報告会を開催しました。

報告会の写真報告会の写真


報告テーマ及び報告者
■美作地区の里親制度を推進するためにII
〜美作地区里親会への支援を通じて〜
 児童学科 有岡道博准教授

■アケビ発酵液の植物発芽促進作用及び成長促進効果の調査
栄養学科 桑守正範教授

■老健施設における排便及び下剤投与管理アプリの開発
〜データ入力の改良と見やすい表示法〜
食物学科 曽根良昭教授

■美作地域における食育の推進と活動(第二報)
栄養学科 藤井わか子教授

■うつ病症状改善効果について
 栄養学科 栗脇淳一准教授

■健康料理教室をとおした発達障害者に対する社会的支援に関する研究
 食物学科 森本恭子准教授

■栄養士・管理栄養士の地域連携における役割とネットワークづくり
食物学科 人見哲子准教授

■保育所と学校が連携した食育のすすめかた
食物学科 曽我郁恵助手

■地域の資源を活用した玩具の制作と研究II
 幼児教育学科 中田稔教授

■発達障害者を対象としたオープンカレッジの開催
〜発達障害者の就労支援における作業体験プログラムの実践研究〜
社会福祉学科 薬師寺准教授

公開研究報告会のおしらせ(5月9,13日)

掲載日時:2016-04-26 14:16:55

公開研究報告会のお知らせ


  美作大学・美作大学短期大学部では、地域とともに育つ高等教育機関として、地域生活科学研究所が中心となり、地域課題解決に資する学修・研究活動を行っています。地域貢献・地域に還元という意味で、また大学を理解していただく目的で、次のとおり公開研究報告会を実施します。
 是非、聴講いただければと思います。

開催概要

【開催日時】
 <第1回>平成28年5月9日(月)午後5時40分〜
 <第2回>平成28年5月13日(金)午後5時40分〜

【開催場所】
 美作大学(津山市北園町50) 100周年記念館4Fセミナールーム

※ 学外の方で、聴講を希望される方は、下記まで電話かメールでお申込みください。

お問い合わせ先

 〒708-8501 岡山県津山市北園町50 美作大学 総務課
 TEL:0868-22-7718
 e-Mail: soumu@mimasaka.ac.jp

公開講座(平成27年度第1回)を開催しました

掲載日時:2015-09-02 13:49:20

 8月29日、社会に開かれた大学を目指して毎年実施している公開講座を開催いたしました。平成27年度第1回の今回は「絵本の魅力の在処(ありか)を訪ねる」と題して、本学の松岡信義教授が登壇し、約45名の受講者の皆様に絵本の魅力についてお話ししました。

第1回公開講座の写真第1回公開講座の写真

 絵本の魅力は非常に広く、そしてたくさんあるため、1回の講座ではそのごく一端しかご紹介できない(世界遺産について1時間で喋れというようなもの)としながらも、学生とのエピソードや自身の愛娘との体験などを交えて、絵本に込められた作者の思いやそのデザイン・構成の素晴らしさなどをお話いただきました。

 さらに、実際の絵本を読み聞かせを織り交ぜ紹介し、「絵本は本来、親子が手元で読んで楽しむメディア」であることや、「絵本は読み手を通じて心をつないでいくもの」「子供は絵本をだれに読んでもらいたいのか」といったことを説明くださいました。様々な世代の方が集まった今回の講座は、時に笑い声が聞こえる和やかな雰囲気でおこなわれました。

 限られた時間の中でしたが、「絵本は世界を提供するメディア」であるとともに「世界を受け取るメディア」であり、「この上なく自由なメディア」であることを、受講者の皆様にお伝えすることができました。また、講座終了後、ご紹介できなかった作品の説明と読み聞かせが行われましたが、ほとんどの受講者の方が残ってお聞きくださいました。

第1回公開講座の写真


 次回の公開講座は9月5日(土)10時より「心豊かに育ちあう/子どもたちと絵本 〜子どもの心にふれる〜」と題して、本学萬代芳子講師が登壇いたします。

(お知らせ)平成27年度第1・2回公開研究会

掲載日時:2015-04-17 17:10:00

美作大学地域生活科学研究所では、「」を開催いたします。 一般市民の方も参加可能です。ふるってご参加ください。

平成27年度 第1回 公開研究会

日時:平成27年4月21日(火) 17:40から  
場所:美作大学 本館 3階 32教室
口頭発表題目と発表者一覧(敬称略)  
(注:発表予定時間はおおよその目途にしてください。)
桑守 正範 17:45〜「アケビ由来発酵酵素中に含まれる微生物の同定と機能性の研究」
曽根良昭 18:00〜「高齢者施設における排便及び下剤投与管理アプリの開発とその実施・評価」               」
藤井わか子 18:15〜「美作地域における食育の推進と活動」
曽我郁恵 18:30〜「岡山県内保育所における食の取り組みの実際と展開」
三宅元子 19:00〜「高齢者を対象とした消費者被害未然防止に関する啓発」
原田佳子 19:15〜「フードバンク活動におけるリスクマネジメント基準の作成」


平成27年度 第2回公開研究会

日時:平成27年4月24日(金) 17:40から 
場所:美作大学 本館 3階 32教室
口頭発表題目一覧 (敬称略)
(注:発表予定時間はおおよその目途にしてください。)
森本恭子  17:45〜「健康料理教室をとおした発達障害者に対する社会的支援に関する研究」
栗脇淳一 18:00〜 「果実成分のうつ病症状改善効果について」 
堀川涼子 18:15〜 「学生による地域福祉実践研究」
有岡 道博 18;30〜 「美作地区の里親制度を推進すために 〜美作地区里親会への支援を通じて〜」
中田 稔 19:00〜  「地域の資源を活用した玩具の制作と研究」

参加費

無料

申込み方法

申込み不要。直接会場へお越し下さい。

問合せ先

美作大学地域生活科学研究所 事務担当 岸本 TEL:0868-22-7718(代表)

主催

美作大学地域生活科学研究所

<栄養士・管理栄養士の皆様へ>美作地域栄養士勉強会開催のご案内

掲載日時:2015-02-10 14:40:10

 【美作地域栄養士勉強会開催のご案内】
今年度も栄養士皆様の意見交換の場となりますことを願い、美作地域栄養士勉強会を別紙日程において開催します。栄養士・管理栄養士の皆様方をお誘い合わせのうえ、多数ご参加下さいますようお願いいたします。


1.目的


栄養士・管理栄養士は、健康づくり推進において重要な役割を果たすことが責務です。
こうした社会のニーズに応えるために、常に勉強し高い資質を備え、地域と連携し、また職域を越え
たネットワークをつくることが重要課題と考えます。そこで、互いに研鑽を積み、情報交換する場とし
て継続的に勉強会を開催し、資質の向上を図ることを目的としています。

2.開催要領


開催予定日: 平成26年7月より第2または第3月曜日(年間7回計画)
時間   : 午後7時〜8時30分ごろまで予定(会の内容によっては時間変更もあります。
場所   : 美作大学 本館3階講義室32H (変更する場合がありますので、玄関の案内板にてお知らせいたします)
内容   : 美作地域栄養士勉強会の詳細はこちら(pdf 143KB)
参加費  : 1,000円

3.参加申し込み


メールまたはファックスにてご連絡ください。
栄養士勉強会アドレス : mima.nut@mimasaka.ac.jp
FAX送信の場合 : FAX 0868-23-6936  美作地域栄養士勉強会参加登録及び申込書(pdf 83KB)に記入後送信下さい
登録の締め切り : 7月7日(月)
資料など準備の都合上出欠の有無をお願いしていますが、当日参加も可能です。
メールまたはFAXにてお申し込みください。大勢の方のご参加をお待ちしております。

4.問い合わせ先


美作大学  住 所 : 津山市北園町50番地
TEL : 0868-22-7718     FAX : 0868-23-6936
世話人 藤井わか子(美作大学) 砂田眞紀(芳野病院) 神田かお里(日本原荘) 保田芳枝(美作大学) 人見哲子(同) 牟田智美(同) 曽我郁恵(同)

発達障害のある高校生への就労準備プログラム オープンカレッジ開催!

掲載日時:2015-01-26 10:33:40

■発達障害のある高校生への就労準備プログラム〜オープンカレッジ in 美作大学〜■

オープンカレッジin美作大学は、発達障害のある高校生を対象にした就労準備プログラムです。平成25年度より実施しているプログラムであり、美作大学社会福祉学科(薬師寺研究室)と、おかやま発達障害者支援センターが、学内の各部署の協力を得て、企画運営をおこなっています。
 プログラムの実践を踏まえて、高校生年代の彼ら彼女らが、労働習慣や社会人のマナーの基本を学び、作業体験を振り返っていく中で、将来の働くイメージを膨らませるために、周囲の大人は何ができるのかを、様々な立場の方と一緒に考えます。詳しくはオープンカレッジの詳細(pdf 427KB)をご覧ください。


■オープンカレッジについて
【日時】 2015年2月21日(土)13:00〜16:30
【ところ】 美作大学(津山市北園町50)236教室(2号館3F)
【テーマ】「オープンカレッジの実践を通して見えてきたこと」
【対象】関心のある方、福祉・教育・保健・医療等関係者、本学学生・教職員
【コメンテーター】オープンカレッジの詳細(pdf 427KB)をご覧ください。
【参加費】無料
参加希望の方は、参加申込書(pdf 103KB)に必要事項を記入し、FAXで申し込みをお願いします。当日参加も可能です。
【問合せ先】美作大学 事務局内 岸本  TEL(0868)22-7718 FAX(0868)23-6936  

[社会福祉学科]福祉とアートのシンポジウム「シアワセナラ テヲ タタコウ」に参加(10/6)

掲載日時:2013-10-08 12:33:31

社会福祉学科の学生が福祉とアートのシンポジウムに参加


福祉とアートのシンポジウムの写真平成25年10月6日(日)、本学にて第11回おかやま県民文化祭地域フェスティバル事業『美つくりの里・旅するアート2013』協働企画「シアワセナラ テヲ タタコウ 〜アートに見る 幸せのカタチ〜」(主催:美作大学地域生活科学研究所、共催:たんぽぽねっと、美つくりの里・旅するアート実行委員会)が行われました。


福祉とアートのシンポジウム「シアワセナラ テヲ タタコウ 〜アートに見る 幸せのカタチ〜」

9月〜11月、岡山県では「第11回おかやま県民文化祭」が開催されています。

その地域フェスティバル事業として、岡山県北では、本学のある津山市を含む美作地方(美作国:みまさかのくに)が今年建国1300年を迎えたことから、この歴史的な節目にちなみ、展覧会などを通じて津山・美作の歴史を知ると同時に地域の未来の可能性を感じてもらう機会にしようと、「美つくりの里・旅するアート2013」を開催。
“アートがナビゲートする美作国の時間旅行”をテーマとした現代アート作家による作品展などが行われています。

そしてその事業の一つである「シアワセナラ テヲ タタコウ 〜アートに見る 幸せのカタチ〜」障がい者アーティストの作品をテーマにした福祉とアートのシンポジウムで、それぞれの分野からシンポジストをお招きして、“アート”を色々な角度から考え、“アート”を見る場を提供していただき、参加者のみなさんに“アート”を感じてもらう。そして、“アート”を通して福祉への理解を深めてもらおうというものです。

当日は、児童学科 森本太郎教授(地域生活科学研究所長)、栄養学科 桑守正範教授(副所長)、幼児教育学科 中田稔准教授、社会福祉学科 薬師寺明子准教授、社会福祉学科の学生有志18名、福祉・教育・アートの関係者や一般市民の方が参加しました。

福祉とアートのシンポジウムの写真演壇には、障がい者アーティストや障がい者福祉に携わっている方等の計6名のシンポジストとコーディネーターが並び、一人15分ずつ活動内容やそれぞれの視点からの“アートとは何か”、“人の幸せとは何か”等をお話しいただきました。

また、障がい者アーティストの実際の制作課程を皆さんに見てもらおうと、シンポジウムの隣では、NPO法人灯心会アーティスト神楽谷さんによるライブペイントが行われました。

福祉とアートのシンポジウムの写真神楽谷さんは、水性の樹脂塗料を指につけ、俵屋宗達の「風神雷神図」を現代風にアレンジしたものを全て指で描いていきました。

障がい者アーティストは、“描くことが好き・描くことが楽しい”という気持ちが原点にあるので、没頭して作品を描く姿はとてもイキイキとしています。

神楽谷さんが絵を描いている約一時間、学生たちは、描かれる作品だけでなく、神楽谷さんの描く姿や表情にも心を打たれたようです。


シンポジウムの後はシンポジストと参加者の交流会が行われました。
将来社会福祉士をめざす社会福祉学科の学生たちからは、自分の将来と今回のシンポジウムでのお話を重ね合わせ、「福祉の現場で支援をするにはどういうところが難しいか?」、「障がい者とどのように向き合っているか?」等の質問が相次ぎました。

今回のシンポジウムは、実際に障がい者アーティストや障がい者支援をしている方と触れ合うことで、学生一人一人が「アートとは何か?」、「福祉におけるアートの意味や効用は?」等、アートと福祉の関係について具体的に考え、さまざまなことを感じる機会となりました。


『来ん?店舗ラリー』は10/20(日)まで開催しています。

地域フェスティバル事業のもう一つの企画として『来ん?店舗ラリー』が現在行われています。
これは、美つくりの里・旅するアート実行委員会と、県北で障がい者福祉に携わっている方で構成される“たんぽぽねっと”が協働で行う「障がい者とアート」をテーマとした展覧会事業であり、津山市の飲食店や菓子店を会場として、障がいをもつ人たちのアート作品を展示・販売するものです。

お店を通じて、お客様がアートへの取り組みを通じた福祉事業の可能性について知り、お客様と福祉施設が繋がりやすくなることを目的としています。

「7/29本学で行われた『来ん?店舗ラリー』にかかる店舗と作品のお見合い会」の様子

たんぽぽねっと:障がい者福祉に携わる支援員同士が施設を飛び越えた横の繋がりを築く会。本学でも月に一度、社会福祉学科 薬師寺准教授がたんぽぽねっとの方を招いて勉強会を実施しており、多数の学生が参加しています。)

『来ん?店舗ラリー』は10月20日(日)までの間、本学周辺の店舗で行われています。
みなさんもぜひ足を運んでみてください。

[ご案内]5/6(月)は美作大学地域生活科学研究所主催「公開研究会」を開催します。

掲載日時:2013-04-23 09:06:24

平成25年度公開研究会 開催


美作大学地域生活科学研究所(所長:児童学科教授 森本太郎)では、「平成25年度公開研究会 口頭発表会」を開催いたします。
一般市民の方も参加可能です。ふるってご参加ください。

日時

2013年5月6日(月)17:40〜

場所

美作大学 本館3F(32教室)(津山市北園町50)

対象

研究者(学生、一般の方も聴講可能です。)

口頭発表

 17:45〜18:00
 「保育計画に位置づけた保育園給食を活用した食育の体系化」
   発表者:食物学科 助手 曽我郁恵

 18:00〜18:15
 「学校給食施設と協働した食育のアプローチ」
   発表者:食物学科 講師 森本恭子

 18:15〜18:30
 「健康料理教室をとおした発達障害者に対する社会的支援に関する研究」
   発表者:食物学科 講師 土海一美

 18:30〜18:45
 「食品・料理重量見積り力に関する検討 ―食品重量感覚を身に付けるためのソフト作成― 」
   発表者:食物学科 講師 人見哲子

 18:45〜19:00
 「地域の芸術文化活動において学生の地域貢献度を高める方策と実践」
   発表者:幼児教育学科 准教授 中田稔

 19:00〜19:15
 「横野滝トイレ・浄化槽の性能と維持管理に関する実証研究」
   発表者:福祉のまちづくり学科 准教授 北本裕之


参加費

無料

申込み方法

申込み不要。直接会場へお越し下さい。

問合せ先

美作大学地域生活科学研究所
事務担当 岸本 TEL:0868-22-7718(代表)

主催

美作大学地域生活科学研究所

H25年度津山市生涯学習講座【美作学講座】〜美作国の郡衙を探る〜を開催します。

掲載日時:2013-04-17 17:03:38

津山市生涯学習講座【美作学講座】〜美作国(みまさかのくに)の郡衙(ぐんが)を探る〜


美作大学地域生活科学研究所では、毎年津山市と共催で「美作学講座」を開催しています。

今年は、和銅6年(713)備前国の英多・勝田・苫田・久米・大庭・真島の6郡を分割して、美作国(みまさかのくに)が誕生してから1300年の節目の年になることから、「【美作学講座】〜美作国(みまさかのくに)の郡衙(ぐんが)を探る〜」と題し、講座を開催します。
郡衙(ぐんが)とは郡の役所のことで、それぞれの郡に置かれました。)
講座では、主に発掘調査の成果から、その構造や変遷等について学びます。

この講座は、一般の方に広く開放するもので、どなたでも自由に参加することができます。
奮ってご参加ください。


開催概要

第1回
 □日時□ 平成25年6月1日(土) 13時30分〜15時00分(受付:13時〜)
 □演題□ 「英多郡衙跡」
 □講師□ 岡田 博 氏 (元・岡山県教育委員会)
 
第2回
 □日時□ 平成25年7月27日(土) 13時30分〜15時00分(受付:13時〜)
 □演題□ 「勝田郡衙跡」
 □講師□ 團 正雄 氏 (勝央町教育委員会)
 
第3回
 □日時□ 平成25年9月21日(土) 13時30分〜15時00分(受付:13時〜)
 □演題□ 「苫田郡衙跡」
 □講師□ 安川 豊史 氏 (元・津山市教育委員会)
 
第4回
 □日時□ 平成25年11月23日(土) 13時30分〜15時00分(受付:13時〜)
 □演題□ 「久米郡衙跡」
 □講師□ 橋本 惣司 氏 (元・岡山県教育委員会)

第5回
 □日時□ 平成26年1月25日(土) 13時30分〜15時00分(受付:13時〜)
 □演題□ 「大庭・真島郡衙跡」
 □講師□ 切明 友子 氏 (真庭市教育委員会)


会場

 いずれも美作大学 本館 31教室(津山市北園町50)


参加費

 無料・資料代実費


申込方法

 申込不要(当日、直接会場にお越しください) 各回先着120名程度
 ※各回とも13:00より受付を開始します。


お問い合わせ先

 〒708-8511 岡山県津山市北園町50
 美作大学 地域生活科学研究所 美作学講座係(担当:岸本克彦)
 TEL:0868-22-7718(代表) FAX:0868-23-6936
 e-Mail: tiseiken@mimasaka.ac.jp
 
 〒708-8501 岡山県津山市山北520 津山市教育委員会生涯学習課
 TEL:0868-32-2118 FAX:0868-32-2147
 e-Mail: gakushuu@city.tsuyama.okayama.kp


主催

 美作大学地域生活科学研究所・津山市教育委員会

(1) 2 »
本文の先頭へ戻る地域生活科学研究所 トピックスの一覧へ戻るカテゴリの一覧へ戻る