食と子どもと福祉! 美作大学 美作大学短期大学部

写真エリア

  • 美作大学生活科学部
  • 美作大学短期大学部
  • 短期大学部専攻科
  • 美作大学大学院
  • 学校施設・機関

教員紹介


須江裕子先生の写真
氏名
須江 裕子

職位
准教授

学位・主な資格
学士(経営開発)、資格(介護福祉士・社会福祉士)

略歴
身体障害者療護施設みすず荘及び老人保健施設 虹にて勤務経験あり(介護・介護支援専門員)
岡山県介護福祉士会評議員

主な担当科目
介護総合演習
生活支援技術B
介護の基本I
介護過程
介護実習
 

研究テーマ
【介護福祉士の専門性】
介護福祉士に求められるものは何か、介護現場の現状に注目し、介護福祉士の専門性について考える。

【介護人材確保の取り組み】
超高齢社会の中で、現在介護人材不足が問題になっている。岡山県で行われている介護人材確保対策について現状をまとめ、具体策を検討する。

教育の取り組み
介護を目指す学生が実習を通して介護の楽しさ・難しさ・奥深さを実感し、学内の学習でも主体的に学ぶ姿勢を保てるように指導する。そのためには、実習と学内学習を連動させるよう、事前指導・実習指導・事後指導を徹底することに重点を置いている。

研究業績、研究活動など
介護過程の展開における思考プロセスについての考察(美作大学・美作大学短期大学部紀要)

社会的活動など
介護技術講習会講習会主任講師
介護福祉士養成実習施設実習指導者特別研修講師
介護福祉士ファーストステップ講師
介護福祉士国家試験実地試験委員
介護職員初任者研修


学生や受験生へのメッセージ
介護福祉士としての実務経験をもとに授業展開し、介護現場で今何が求められているのかを学生と共に考えていきたい。介護福祉士には厳しい現状であるが、介護とはやりがいのある重要な仕事である。卒業後の様々な可能性が広がる活躍の場を示し、資格を取得した後に、自らがどのような介護福祉士になりたいのか、1年間でじっくり考えてもらいたい。




若林美佐子先生の写真
氏名
若林 美佐子

職位
講師

学位・主な資格
看護師、社会福祉士、介護支援専門員

略歴
岡山済生会総合病院
訪問看護ステーションおおぞら(管理者)
岡山市在宅介護支援センターねこの手(主任)

主な担当科目
介護過程
生活支援技術B・C
こころとからだのしくみI・II

研究テーマ
対人援助技術について
介護福祉士養成教育について

教育の取り組み
授業で学んだ理論や概念が、実践と決して別物でないことを実感してもらえるよう、事例検討会や、演習を取り入れ、学生自身の気づきを大切に学習に取り組んでいます。

研究業績、研究活動など
「真の介護予防と地域包括支援センター」共著 (中央法規出版2006年)

社会的活動など
相談援助技術研修会「稲穂の会」講師
介護福祉士養成施設実習指導者研修 講師

学生や受験生へのメッセージ
実習に出るまではみんな不安でいっぱいです。でも「いいケアをして喜んでもらいたい!」そんな一途な思いで相手の話しを一生懸命聴き、その人に合った個別のケアを考え、そしてそれを表現し実践していく過程の中で、みんなは確実に成長していきます。介護はたくさんの人と出会い、たくさんの経験から学び、常に自分に向き合う、誰かのためだけではなくて、自分自身も成長できるやりがいのある仕事だと思います。一緒にがんばりましょうね。




植月洋子先生の写真
氏名
植月 洋子

職位
講師

学位・主な資格
学士

略歴
1994年〜2004年 岡山県立高等学校 常勤講師
2005年 美作大学短期大学部 講師

主な担当科目
生活支援技術
家庭科概論
衣生活論

研究テーマ


教育の取り組み
講義の中にできるだけ実例・実践例を取り入れながら、興味と理解を深め、実社会で使える知識・技術を身につけてもらえるように授業を行いたいと考えている。

研究業績、研究活動など


社会的活動など


学生や受験生へのメッセージ
社会において、私たちが生きていく上で、「人として大切なもの」を常に考えて行動できる人になっていただきたい。
今 自分の置かれている立場で「本当に正しいことは何か。」「本当に必要なものは何か。」を正しく判断できる力を身につけ、社会人として活躍していただきたい。