食と子どもと福祉! 美作大学 美作大学短期大学部

写真エリア

  • 美作大学生活科学部
  • 美作大学短期大学部
  • 短期大学部専攻科
  • 美作大学大学院
  • 学校施設・機関

教員紹介

栗脇淳一先生の写真
氏名
栗脇 淳一

職位
教授

学位・主な資格
博士(医学)[富山医科薬科大学(現 富山大学)]

略歴
富山大学大学院(旧 富山医科薬科大学大学院)システム情動科学 教務補佐員
国立成育医療センター特殊診療部(現 独立行政法人 国立成育医療研究センター臨床研究開発部)臨床研究員(財団法人 医療機器センター リサーチレジデント)
国立医薬品食品衛生研究所 安全性生物試験研究センター 薬理部 厚生労働技官

主な担当科目
人体構造学
人体機能学
解剖生理学
解剖生理学実習 など

研究テーマ
着任して間もないですが、In vitro, In vivo両実験系を用いて中枢神経機能の胎児期における成長および出生後の発達に関する研究に取り組む予定です。

教育の取り組み
学生との相互理解を深めるために、積極的にコミュニケーションをとることを心がけています。また、講義・実習においては、教科書に沿った解説プリントを作成し、専門的な語句の説明・教科書の内容の補足等を行っています。

研究業績、研究活動など
栗脇淳一、西条旨子、堀悦朗、鳥居邦夫、小野武年、中川秀昭、西条寿夫「2,3,7,8-四塩化ダイオキシン(TeCDD)の胎生期暴露によるラット行動発達ならびに味覚嗜好性への影響」日本味と匂い学会誌13(3): 425-428, 2006.
Nishijo M, Kuriwaki J, Hori E, Tawara K, Nakagawa H, Nishijo H."Effects of maternal exposure to 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin on fetal brain growth and motor and behavioral development in offspring rats." Toxicology Letters 173: 41-47, 2007.
Kuriwaki J, Nishijo M, Honda R, Tawara K, Nakagawa H, Hori E and Nishijo H."Effects of cadmium exposure during pregnancy on trace elements in fetal rat liver and kidney."Toxicology Letters 156(3): 369-376, 2005.
Kuriwaki J, Nishijo H, Kondoh T, Uwano T, Torii K, Katsuki M and Ono T."Comparison of brain activity between dopamine D2 receptor-knockout and wild mice in responce to dopamine agonist and antagonist assessed by fMRI."Neurosignals 13(5): 227-240, 2004.

社会的活動など


学生や受験生へのメッセージ
講義・実習で学んだ"知識"を"知恵"に、すなわち"応用力"に転換できるような能力を身に着けていただきたいと思います。卒業後は、高齢者から子どもまで、食生活からの健康指導ができる管理栄養士・栄養士として社会に貢献できる人材になっていただきたいと思います。




桑守正範先生の写真
氏名
桑守 正範

職位
教授

学位・主な資格
博士(農芸化学)取得大学名:東京農業大学
中学校教諭1免許状(理科)平3中1第3391号(愛知県教育委員会)
高等学校教諭1種免許状(理科)平3高1第4278号(愛知県教育委員会)
高等学校教諭1種免許状(農業)平3高1第4309号(愛知県教育委員会)


略歴
平成 4年3月 名城大学農学部農芸化学科卒業
平成 4年4月 東京農業大学大学院農学研究科栄養学専攻修士課程入学
平成 6年3月 東京農業大学大学院農学研究科栄養学専攻修士課程修了
平成 6年4月 東京農業大学大学院農学研究科農芸化学専攻博士後期課程入学
平成 9年3月 東京農業大学大学院農学研究科農芸化学専攻博士後期課程修了

<職歴>
平成 6年4月 浦安市立葛南看護専門学校非常勤講師(生化学)(平成8年3月まで)
平成 9年4月 美作女子大学短期大学部栄養学科講師(食品学、生化学担当)
平成15年4月 美作大学短期大学部栄養学科助教授(平成15年から共学化)
平成19年4月 美作大学短期大学部栄養学科准教授 現在に至る

主な担当科目
食品学II
食品学実験
食品加工学
食品加工実習

研究テーマ
杜仲茶の健康増進効果に関して
摂取脂肪の免疫活性に与える影響に関して

教育の取り組み
食品学総論(2005年から食品学Iに)、食品学各論(同じく食品学IIに)、食品学実験I(食品の一般成分の定性、定量実験)、生化学I、II、並びに生化学実験(生体サンプルを用いた定量実験)を担当してきた。2001年からは併設する美作大学の2年生を対象とした食品学実験II(内容は先述の食品学実験Iと同様)を担当している。また、2007年度からは新任の教諭に生化学I、II、生化学実験を委任し、代わりに食品加工学、食品加工学実習を担当するようになった。

講義では前期、後期共に開講後2ないし3ヶ月経過した後、中間試験を行い、それまでの講義内容修得度を確認すると共に、理解の足りない箇所に関しては重点的に補講を行っている。実験、実習では極力試薬を学生に作成させ、濃度計算や試薬の取り扱い法の習得に努めさせている。

栄養士協会認定実力試験を2年次に行い、それまでの講義内容修得度を確認し、理解の足りない箇所を分析し、補講を行っている。また年2回学生に対し面談を行い、生活面も含めて不安に思っている内容を聞き取り、可能な限り対応を行っている。また、学外施設で体験学習を行うなど、栄養士資格取得に対するモチベーションの向上を試みている。

研究業績、研究活動など
<著書>
1.栄養学・食品学を学ぶヒトのための食品化学実験,知人書館,1998
2.機能性食品の安全性ガイドブック,株式会社サイエンスフォーラム,2007
3.平成の大合併と地域社会の再編・活性化−岡山県の事例−,明文書房,2007
4.イラスト食べ物と健康,東京教学社,2008

<学術論文>
1.ビタミンB12欠乏ラット睾丸のリン脂質脂肪酸組成並びに組織像に及ぼす飼料油脂の影響,ビタミン,68, 750,1994
2.モルモットの肺肥満細胞におけるロイコトリエン生成および末梢血好酸球数と飼料油脂のn-3/n-6比レベルとの関係,日本農藝化學會誌, 69, 146,1995
3.ビタミンB12欠乏ラットの脂肪酸代謝,ビタミン,70, 394,1996
4.モルモットにおけるI型アレルギー発症抑制に及ぼす飼料油脂のn-3およびn-6多価不飽和脂肪酸比率の影響,東京農業大学博士論文集,1997
5.Effect of dietary n-3/n-6 fatty acid composition ,and histamine and leukotoriene concentrations of mustcells in tunicamucosa bronchio-rum of type I allergic guinea pig ,Biosci.Biotech.Biochem.61, 763-767 ,1997
6.Serum C3 content in Vitamin B12-deficient Rats, Internat. J.Vit.Nutr. Res.,68,94-97,1998
7.モンゴル人と日本人の血清脂肪酸組成の比較,美作女子大学・美作女子大学短期大学部紀要,44 , 116-119 ,1999
8.クレアチン接種の及ぼす最大無酸素パワーおよび血液成分への影響,美作女子大学・美作女子大学短期大学部紀要,46, 83-86 ,2001
9.ビタミンB12欠乏モデルマウスの作製, ビタミン,75, 234 ,2001
10.中国内蒙古農村、草原、都市の中年女性の食事と血中脂肪酸との関連,民族衛生,68, 228-238 ,2002
11.乾燥杜仲葉投与の及ぼす鶏肉脂肪酸組成への影響,美作女子大学・美作女子大学短期大学部紀要,48, 58-65,2003
12.Breeding Severely Vitamin B12-deficient Mice as model Animals ,International journal for Vitamin and Nutrition Research,74, 57-63,2004
13.杜仲茶の抗酸化性,山口県立大学大学院論集,9,113-119,2008
14.乾燥杜仲葉投与による免疫活性向上効果の検討,美作大学・地域生活科学研究所報(2009年度)9-14,2009
15.乾燥杜仲投与による鶏免疫活性向上効果の検討,日本家禽学会誌,47,21-26,2010
16.モルモット肺肥満細胞、末梢血総白血球数・好酸球数、脾臓および胸腺リンパ球に及ぼす試料油脂中n-3/n-6脂肪酸比率の影響,日本脂質栄養学会誌,19,93-102,2010

<その他>
1.杜仲由来のグッタペルカを素材とした有害物質吸収剤の開発とおかやま地どりへの投与効果,地域産業育成支援事業第3期成果報告書(平成12〜13年度),2002
2.杜仲由来のグッタペルカを素材とした有害物質吸収剤の開発,平成13年度地域産業育成支援事業研究成果報告書,2002
3.杜仲由来グッタペルカの岡山地鶏飼料への応用,第7回岡山リサーチパーク合同研究報告書,2003

社会的活動など
1998.04美作大学技術交流プラザ生活科学分科会会員(平17.04より食品分科会に編入)
2002.04岡山県産業支援ネットワークシステム(大学人材) (現在に至る)
2002.04岡山大学地域共同研究センター員(現在に至る)
2004.04美作大学地域生活科学研究所所員(現在に至る)
2005.04バイオアクティブ岡山研究員(現在に至る)
2007.04吉備創生カレッジ講師(現在に至る)

学生や受験生へのメッセージ
自身の呼称は幼稚園・保育園の園児、小学校の児童と変化してきました。中学・高校では生徒と呼ばれていましたが、大学では学生と呼ばれます。この呼称変化の意味することを考えてみて下さい。「生徒」の呼称は「従う人」の意味合いが強い呼ばれ方です。高校までの授業は選択の余地がなく、授業もただ座って講義を聴いている形態(受け身)でした。しかし大学は違います。大学での呼称「学生」は「積極的に学ぶ人」の意味合いが強い呼称です。そのため大学では学生を責任能力のある大人として扱います。大学では自分の責任で受ける授業を選択し、受講します。またレポートや演習ではあなた方の考え方や主張を発表せねばなりません。これまでの受け身の姿勢での受講では対応できません。大学に入学した瞬間からあなた方は生徒ではなく学生となっています。




田中智子先生の写真
氏名
田中 智子

職位
准教授

学位・主な資格
管理栄養士・生活改良普及員
中学生教諭免許(家庭)

略歴
栄養行政において地域住民の食生活改善および健康増進に関する業務に従事

主な担当科目
栄養教育論
栄養教育論実習
公衆栄養学

研究テーマ
生涯にわたって健康で豊かな人間性を育む食育の重要性が注目され、2005年「食育基本法」が制定されました。公衆栄養業務に携わってきた栄養士としては、現在、学生と関わるなかで学生の食に関する意識や食行動を通して、幼少の頃からの「食育」が、非常に重要であることをより一層感じております。研究テーマとしては、幼児期からの食生活・食教育に関する調査研究に取り組んでいきます。

教育の取り組み
学生自身が「考える力」を身につけられるような参加型の講義に心がけています。
また、栄養士はさまざまな人と関わっていく職業ですから、実習では、コミュニケーションを重視し、楽しくわかりやすく人に伝える方法を学生の皆さんと共に探っていきます。
授業内容の一例を紹介しますと、学生が創意工夫した指導媒体で幼稚園児に対し「食育」を実施しています。

研究業績、研究活動など
「乳幼児健診における栄養指導ポイント」
「地域住民参加型健康づくり事業実践について」
「地区組織活動が地域住民の身体活動・運動習慣等に及ぼす影響について」

社会的活動など
・保育園協議会会員・保育園保護者・高齢者の団体及び一般の方々に対し、食育に関する講演
・岡山県美作地域感染症診査協議会委員
・津山市都市計画審議会委員
・美作地域の栄養士・管理栄養士を対象とした勉強会を月1回開催
 (日程、内容等はホームページに掲載)

学生や受験生へのメッセージ
栄養士は「人が食べ物を食べる」ということに関わる職業です。そこで、まず自分の食生活を振り返りながら健康を支える栄養について一緒に考え、望ましい食生活を営む力を身につけるとともに、周りの人々をも支援できる人間性豊かな栄養士を目指してみませんか?
二年間という限られた時間が充実したものになるように「今、この時、ここでしかできない!」体験を一緒にしましょう。




橋本賢先生の写真
氏名
橋本 賢

職位
准教授

学位・主な資格
栄養学学士、栄養学修士、博士(栄養学)[神戸学院大学]
栄養士、管理栄養士、食品衛生監視員・管理者
栄養サポートチーム(NST)専門療養士(日本静脈経腸栄養学会)

略歴
2004〜2007年 名古屋文理大学健康生活学部臨床栄養研究室 助手
2004〜2007年 ライフ健康クリニック 管理栄養士(非常勤)
2007〜2010年 愛知県厚生連尾西病院 管理栄養士
2010年〜 美作大学短期大学部栄養学科 准教授
2010年〜 津山中央看護専門学校 非常勤講師
2011〜2014年 神戸松蔭女子学院大学 非常勤講師
2014〜2016年 放送大学大学院生活健康科学プログラム 客員准教授
2014年〜 姫路日ノ本短期大学 非常勤講師


主な担当科目
応用栄養学
臨床栄養管理学

研究テーマ
血栓性疾患発症における栄養学的因子の関与に関する研究
低栄養状態改善のための食事と栄養素と代謝に関する研究

教育の取り組み
基礎分野の内容は、実際の栄養士業務における必要性をイメージできないことが多いです。また、実践的内容も理想と現実の講義は栄養士業務との関係を重視して、その活用実態を多く取り入れることを心がけています。

研究業績、研究活動など
International Congress on Fibrinolysis and Proteolysis (Young Investigator Award、2002年)
日本臨床栄養学会・臨床栄養協会 大連合大会 (若手研究者奨励賞、2006年)
日本静脈経腸栄養学会JEFFスカラーシップ受賞(受賞者:森茂雄,指導教員;橋本賢,2015年)
臨床栄養管理ポケット辞典(建帛社、分筆)
栄養ケア・マネジメント論(化学同人,分筆)
ライフステージの栄養学 理論と実習(みらい、分筆)
わかりやすい疾患別栄養ケア・マネジメント−献立から指導まで−(学建書院,分筆)

社会的活動など
津山市食育推進委員会委員(会長)
津山市学校給食設備等検討委員会 委員(委員長)
津山市学校給食を良くする会 会員
日本メディカル給食協会研修会講師
日本病態生理学会 評議員
日本栄養学教育学会 代議員

学生や受験生へのメッセージ
栄養士、管理栄養士は人のために貢献するための資格です。人のために貢献することで様々な評価を受け、その結果として高い人間性が構築され、やがて必要とされる人間へと成長するものだと思います。そのためにも大学生活では、豊かな人間性と日本人としてあるべき常識を身につけてほしいと願っています。




服鳥昌子先生の写真
氏名
服鳥 昌子

職位
助教

学位・主な資格
学士、管理栄養士、生活改良普及員

略歴
教務職員として就職し、実験・実習助手業務を行う
教育系助手を経て、現在、助教として、給食管理実習II・学外実習事前事後指導、生活技術支援(調理実習)を担当

主な担当科目
給食管理実習II
学外実習事前事後指導
生活技術支援(調理実習)

研究テーマ


教育の取り組み
教育において大切にしていることとして、在学中も卒業後も、「人間関係」はとても重要であり、いろいろな支えを受けて生きているのだということを伝えている。
担当科目の中で、電話応対、挨拶、感謝の言葉を伝える練習等を取り入れている。その中でも特に、言葉の持つ力の大きさを強調している。

研究業績、研究活動など
「女子学生のコーヒー摂取状況とその甘味嗜好について」
「野菜の切り方及び切削器具の違いに関する研究」
「切削器具の違いが野菜に及ぼす影響」
「岡山県北過疎地域における市販そう菜の利用状況について」

社会的活動など


学生や受験生へのメッセージ
担当科目が卒業年次生後期の総合的な内容であり、学外施設での実習を受けるために、場に応じた服装、電話応対や挨拶、礼状の書き方、目上の方々とのやり取りや、周囲の人たちとの協調性や、事前事後報告の大切さ、謙虚な気持ちで反省・感謝する姿勢等々、各自がそれまで培ってきた「人間として社会で生きていくのに必要な力」に、さらに磨きをかけて社会に巣立っていただきたいと願いを込めて授業をしている。





藤井わか子先生の写真
氏名
藤井 わか子

職位
教授

学位・主な資格
栄養士・管理栄養士
教諭1級(家庭)
修士(家政)
博士(医学)[岡山大学]

略歴
昭和52年 美作短期大学助手 講師(昭和54年) 助教授(昭和62年)
平成11年 医学博士学位授与(岡山大学) 
平成11年 美作女子大学短期大学部(平成14年に美作大学改名)教授 専攻主任
平成13年 美作大学短期大学部 栄養学科 学科長
平成17年 美作大学生活科学部 食物学科 学科長(平成19年3月まで)
平成22年 美作大学短期大学部 栄養学科 学科長 (平成23年3月まで)

主な担当科目
調理学
調理学実習II III
給食管理II 給食管理実習I
フードスペシャリスト論
フードコーディネート論
食品学実験II
食文化論

研究テーマ
米粉製品(うどん パン)の物性と嗜好性の実験
高齢者嚥下困難者への増粘剤の種類と濃度の違いによるソフト食への適応
行事食の調査
次世代に伝えたい家庭料理
米粉料理でのアレルギー対応について
米粉料理レシピ集作成

教育の取り組み
調理学と調理学実習ならびに食品学実験II(調理学実験)を通して栄養士業務を遂行する上で基本なり調理学の理論と技術をしっかりと身につけることに重点を置き、実験で理論を実験結果より理解させる。
給食管理II 給食管理実習Iでは学内で給食を提供する過程で、大量調理の特性を理解し、時間内に喫食者が喜ぶ料理を提供する方法を修得するように、学生自ら計画、実施、評価するシステムで進める。また、フードスペシャリスト論、フードコーディネート論では、フードスペシャリスト資格のため食のアメニティとホスピタリティを創造する技法を身に付けさせる。

研究業績、研究活動など
<著書>
・奥田豊子・春木 敏・曽根良昭・山口英昌 編著管理栄養士コースで学ぶ!−キャリアデザインのために−,同文書院 担当:食生活を科学する〜食行動と食育 少年の心身状況と食生活(2007)
・管理栄養士国家試験 合格レシピ 共著 メディカ出版 担当:給食経営管理論(2008年2月)
・給食管理実習I・給食管理論II  テキスト 廣陽本社出版(第1版2009 第2版 2012)
・青木三恵子編 管理栄養士養成シリーズ 調理学「第3版」化学同人(2011)担当:第5章
・日本給食経営学会 監修 給食経営管理用語辞典 第一出版 35名による著者 一部担当 
<学会発表>
日本調理科学26年度大会(平成26年8月)「美作地域での「地域の味」,「思い出の味」を再発見するための調査」、「食物アレルギーに対応する米粉料理の開発」、「岡山県北部における海産物の伝承料理と流通との関連」
日本栄養改善学会大会61回(平成26年9月)「家庭で手作りできる高齢者嚥下困難者に適応する各料理のやわらか食の検討」
日本家政学会中四国大会57回(平成26年10月)「大学生の身体状況、食生活、食習慣の調査から食育のあり方」
日本食育学会大会(平成26年5月)「米粉料理サポーターによる米粉料理の普及活動」

社会的活動など
1.栄養委員のために津山市栄養教室の講師
2.米粉料理レシピ作成(平成24年より3年間)
3.美作地域栄養士勉強会の発足 地域の栄養士・管理栄養士を対象とした勉強会(現在も月1回の勉強会を開催)

学生や受験生へのメッセージ
栄養士は食事指導、食事計画、運営を行ないます。食べることの大切さ、健康に過ごすことの重要性を理解し、食についてしっかり学ぶ2年間です。2年間で身につけた知識と技術を生かして、栄養士として活躍することを願っています。




鈴木先生の写真
氏名
鈴木真奈美

職位
助手

学位・主な資格
修士(学術)[ノートルダム清心女子大学大学院]
管理栄養士

略歴


主な担当科目
助手として
解剖生理学実習、食品衛生学実験
給食調理学実習、食品学実習


研究テーマ


教育の取り組み
実験・実習では、学生が興味・関心をもって学べるようにサポートしていきたいと思います。
4年次の国家試験対策ではチューターとして、学生を支援しています。

研究業績、研究活動など


社会的活動など


学生や受験生へのメッセージ
夢に向かって様々なことを一緒に学びましょう。
よろしくお願いします。